思い出し旅行記 山梨ドライビン 2018/5/4 多摩源流まつりとワイン蔵
朝はゆっくり目に起きる。
朝ごはんも地の物中心で構成されているが、
味付け海苔だけは何処の旅館も絶対欠かせないルールでもあると言うのかw
その中でもアレなのが昨日の鱒の刺身を取った後のアラ汁だ。
これがもう本当に美味しい

朝ごはんを食べたらチェックアウト。昼過ぎまで車を駐車場に置かせてもらえるとの事だったが、
残念ながら10時過ぎには今夜の宿泊客のために空けなければならないようだ。
今日は多摩源流祭りと言うお祭りなので、朝から出張ってきている警備員さんに聞いたところ
すぐ近くにまだ車を止める場所があるとのことなので、そこに止めさせてもらう。
それから歩いて川向こうの源流祭りの会場に向かう。

9時半ごろには会場入りしたのだが、11時から開始の会場はまだ人がまばら。
しかし、全ての屋台が出そろっており、いくつかの屋台はフライングで営業を開始していた。
まずは山梨県警の白バイとパトカーにだいずを跨らせる。
この時はまだガラガラだったので余裕だったが、しばらくすると行列ができていた。
ついでに鹿肉バーガーが売られるようになったので早速買う。美味しいけど600円は高いかな。

しばらくすると開会式が始まった。
招待客には都内から来ている議員も多く、小菅村は自治体としては山梨県だが、
経済圏としては完全に東京都であることを再認識させられる。
何と言っても小菅村は人口800人弱の寒村でありながら、
おそらく源流祭りには一万人の参加者が居たことに驚く。
ちなみにひでのふの地元の町内は世帯数で2000を超えながら
祭りの時に出せる屋台は精々8軒といったところである。小菅村すげえw
そして長々として誰も聞いちゃいない議員の皆様のご挨拶が終わったところで

源流祭りの名物の一つである、つきたて餅の大福が売られる列に並ぶ。
廣瀬屋のおばあちゃんの話では、早々に売り切れるとのことだ。
我々は無事買うことができたが、一人2つまでと決められていたので4つしか買えなかった。
それもひでのふが居ない隙に他の家人に全部食われると言うねw
確かに行列は長かったが、しばらくすると行き渡ったようで、
ひでのふは後で残り数個の売れ残りを無事買うことができた。
それから甲府名物とりもつ煮込み。はにぃが言うには
「自分でも作れそうだけど、鶏レバーの処理が大変なのよねぇ」とのこと。
実際美味しかったので今後に期待。
あとはもう一つの源流祭りの名物の一つである手打ちそば。
これもなかなか美味しかったんだけど、晩飯で出たそばの方が美味しかった。
だいずやえびちゅもコリントゲームで遊んだりとなかなか楽しんでいるようだ。

そして今回のメインイベントである、小学生による山女魚のつかみ取りである。
これも整理券を取るのにだいずとえびちゅが1時間近く並んでいたが
えびちゅはこれ見よがしにゲームに打ち込むのであった...
山女魚のつかみ取りは整理券だけなら一人100円で2匹まで捕まえられる。
その後の調理に1匹300円かかるのだが、それでも安いと思う。
プールを泳ぐ山女魚は、200人の参加者で400匹はいるはずなのだが
そんなにいるのかなと思うぐらい少ない感じがした。
しかしそれは杞憂で、実際につかみ取りが始まると参加者全員に行き渡ったようだ。
えびちゅはこの手のつかみ取りは2回目なので慣れたものだが、
同じく2回目のはずのだいずは、山女魚に触れはするものの、
そこから気合を入れて掴むことができず、結局えびちゅに捕まえてもらっていた。
水面上から見る山女魚はあまり大きく感じなかったのだが、
実際目の前に持って来られるとそれなりに大きかった。

CIMG8699t.jpg CIMG8706t.jpg









そして調理でまた並ぶが、残念ながら自分が捕まえた山女魚を調理してもらえるわけではなく
誰かが捕まえた山女魚が調理されて引き取られるシステムだったw
だいずとえびちゅはそれぞれから揚げと塩焼きを一匹づつ手に入れていた。
塩焼きはだいずとえびちゅがたべ、から揚げはさくちぇりさんとひでのふで食べた。
から揚げは頭から尻尾まで背骨ごと食べられる柔らかさ。すばらしい。
メインイベントが終わったので、大月経由で勝沼へ向かう。

勝沼ではもちろんワイナリー巡りを敢行する。
とはいえ、車で来ているので全く試飲できないのが至極残念である。
まずは大手のシャトー勝沼へ。
一応ワイナリーの中も見て回ることができるが、ステンレスのタンクが並んでいるだけなので
家人は興味を示さずそのまま試飲コーナーへ。
試飲コーナーではジュースだけは飲むことができたw
人気が少なくなったところで色々売られているワインを吟味していると売店のおばちゃんが
こちらもお勧めですよと話しかけてきた。
「地元のぶどうで醸されて、地元の人が良く飲む味のあるワインが欲しい」と言うと
お客様にはこちらを自信をもってお勧めします」と言い切られたので一本買ったw

それから勝沼ぶどう郷駅に立ち寄って付近の地図をゲットし、駅近くのシャトージュンを
目指すが残念ながら店が閉まっていたのでスルー。
次はワイナリーが密集しているシャトーメルシャンの駐車場に車を止めて、色々回る。
残念ながら時間が時間が遅くてメルシャンの有料ツアーは利用できず。残念。
メルシャンの博物館に向かう途中で蒼龍ワインが見えたの中に入る。
無添加ワインを前面に押し出す如何にも観光客向けな品揃えはちょっと残念だが
国産ぶどうで作られたポートワインがあったので一本買ってみる。
残念ながら、ブランデーはフランス産だそうだ。

それからシャトーメルシャンの博物館と売店へ。
はにぃは博物館にはあまり興味が無いようだが、友人へのお土産のワインを探していた。
だいずとえびちゅは広い庭で走り回り始めたので、だいずだけを連れて博物館へ。
そうすると大人しくえびちゅも付いてくるのであった。
しばらく創業当時のメルシャンの様子を写したビデオを堪能した後、博物館の中を見て回る。
どういうわけか展示物の搾汁機が自由に動かせるようになっており、
だいずがゴロゴロと動かしていた。
しばらくするとはにぃもやってきたので売店で友人向けのワインを物色していた。
しかし、結局ここでは何も買わなかった。
他にも橋を渡った先のシャトレーゼや森田甲州も行ってみるが、どちらも閉まっていた。
それからホテルに向かおうと高速のICに向かう途中で、岩崎醸造の店があったので立ち寄る。
ひでのふはアジロンがいい値段であったので1本買い、
はにぃも友人向けの丁度いいハーフボトルがあったので4本買っていた。

高速に乗って1時間もしないうちに今夜の宿「若神楼」へ。
立地は完全にラブホテルのそれであるがまあいいやw
昨夜の宿と値段は同程度なのだが、やっぱり設備は段違いだw
部屋も広く内風呂もトイレも完備。窓の外には富士山も真正面に見えるw
まずはこのホテル自慢のお風呂へ。ちょっと遠い場所にあったので、
さくちぇりさんは「行くのがちょっと怖かった」と。
風呂は完全に離れの作りになっており、待合の休憩室がとても広い。
大浴場も十分広いが、源泉は34度℃なのでつかるにはちょっと冷たい。
外の露天風呂はコケが生えている。これはわざとそうしているのか清掃不足かは不明。
えびちゅが「露天風呂はコケが生えててなんかやだ」とゆーので
「お湯の中で育つ植物ってすごくないか」と興味をそそってみる。

晩飯はよくありがちな旅館飯。
こんな山の中でマグロとタイとイカの刺し盛りとかさすがに幻滅する。
他にもありがちな既製品が多いのがとても残念だ。
でも手元の小さな釜で炊いた白ご飯はとても美味しかった。
そしてはにぃと二人でワインを1本頼む。ちゃんと地元の白ワインが出てきて
いい感じに冷えていた。2500円だがこれは美味しく、良い値段だと思う。
部屋に戻るとちゃんと布団が敷かれていた。
こーゆーサービスはホント有難いよねw

CIMG8719t.jpg CIMG8731.jpg








【2018/06/13】 家族小旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思い出し旅行記 山梨ドライビン 2018/5/3 洞窟と名画の巻
朝は5時半に起きる。はにぃはもっと早くに起きて支度をしている。
やはり自分の決めた旅に対してはモチベーションが違う。
しかしコドモはだいず以外はやっぱり起きるのが遅い...
6時に出発の予定が15分以上オーバーしてしまう。

行先は山梨方面な訳だが、前日の渋滞予測では、中央道は
朝5時から45km
とゆー無茶苦茶な予測が出ていたので、東名御殿場から富士山の脇を通って甲府に向かう
ルートを取る。実際、東名は横浜町田の合流でちょっと渋滞した以外は意外とサクサクと進む。
途中大井松田の分岐で左側が物凄い渋滞になっていてご愁傷様って感じだったがw
東名はどこのサービスエリアも寄らず、御殿場IC近くのマックで朝飯。
えびちゅとひでのふが少し頼んだだけで、
他の家族は車の中で食べた菓子パンだけで十分だったようだ。

御殿場辺りは物凄い霧だったのだが、富士山に近づくにつれすっかり晴れてきた。
まずは最初の目的地鳴沢氷穴へ。しかしその手前の道の駅なるさわに引っかかる。
その上、道の駅内の鉱物博物館に行きたいとゆーので入ってみる。無料だし。
ここが無料なのに、森を歩くだけの道が有料100円とかよくわからない。
本来は有料と思われるが、いくつかの展示物がメンテナンス中では致し方無いか。
ガラスでできた富士山と溶岩の流れがわかる展示は悪くないけれど
あれをカネ出して見るか?ってゆわれるとちょっと微妙かも。
どっちかっつーと、併設のお土産屋がメインなのかもしれない。
そして今回はコドモ全員に旅のおこづかいとして2000円づつ渡す。

今度こそ鳴沢氷穴へ。朝もまだ早いので駐車場も十分余裕があった。
洞窟は、はにぃはあまり乗り気ではないのでここはテンションがぐっと低くなる。
近くに富岳風穴とゆーのがあって、共通券が買えるのだが
そっちはいかなくていいでしょ」と牽制されたので断念する。
ここはJAFの割引が効いて一人当たり50円引き。
鳴沢氷穴は噂に違わず中はとてもひんやりとしていた。
この時期にこれだけの氷があるのはやはり凄い。
一番深いところの通路の下には、3メートルもの氷があるんだそうだ。
それに加え、ヘルメット無しではタンコブ生成間違いなしの冒険感覚も大変良い。

さくちぇりさんは、中学の時にこの近くの西湖に泊まったらしく
富岳風穴の前を通った時に「そーいやここ来たわ」と言っていた。
精進湖の脇を通って甲府市内へ。精進湖ではカヌーで遊ぶ人がたくさんいた。
目指すは山梨県立美術館。晴れると判っていたらここに来るつもりはなかったのだが、
天気は完全にピーカンとなっていて暑いぐらいだった。さすがに美術館の中は涼しかったが。

入館料はコドモが特別展の「100万回生きたねこ」もみたいとゆーので
大人だけ1260円。コドモは全員無料なのでまーこんなもんかw
山梨県内の宿泊割引は効かなかったが、JAFの会員証で沢山のお土産を貰ったw
お目当てはもちろん19世紀のバルビゾン派の画家、ミレーの作品である。
さすがに落穂拾いを知らん人は居ないと思うがw
そのくらい有名な画家の絵が見られれるので連れて行ってはみたが
案の定ひでのふ以外の家族全員が乗り気ではなかったw
まあ、コドモが大きくなれば、その時の価値がわかるかな。ひでのふもそうだったしw
十数年ぶりに見たミレーは、19世紀のフランスにも萌え絵ってあったんだねw
と、嫋やかな女の人の表現にそう思わずにはいられなかった。
むしろ特別展の方がコドモにとっては見慣れた題材でよかったかもしれない。
ひでのふも「100万回生きたねこ」は知っていたが、あんな結末の物語とは思わなかった。
あれをハッピーエンドと言うべきかバットエンドと言うべきか、
絵本を読む世代のコドモにはなかなか難しい物語なんじゃないかとw

CIMG8662t.jpg CIMG8670t.jpg









昼飯は美術館の目の前の小作で甲府名物ほうとうを食べる。
はにぃは鶏肉ほうとう、さくちぇりさんは鶏肉の照り焼き、えびちゅは豚肉ほうとう
だいずはおこさらまんちで、ひでのふは猪肉ほうとうをそれぞれ頼む。
ほうとうは素ほうとうでも1000円オーバーの観光地価格と思いきや
出てきたほうとうは優に2人前はあろうかと言う鉄鍋一杯に入ったほうとうがw
えびちゅも「給食のほうとうはおいしくないけど、これは美味しい」と食べていた。
ひでのふも猪肉なんて食べるのは数年ぶりだ。豚肉に比べるとちょっと肉の味が濃いけれど
食べ比べてみないと判らない微妙さなので、豚肉でも十分かなと思った。高いしw
ひでのふは一人でひと鍋食べたけれど、残りの家族はそれぞれに分け合って食べていて
このくらいがちょうどいいのかなあって感じだった。

最後は桔梗屋の信玄餅工場へ。
工場内ではGWど真ん中だと言うのに、大勢の工員さんが一心不乱に信玄餅を包んでいた。
信玄餅は日持ちがしないので、この時期に働くのは必然とも言えるが。
工場内は明らかに黄な粉の粉塵が舞っており、工員さんの健康がちょっと気になる...
ちなみに工員さんは、1つの信玄餅を15秒で包んでいた。1時間で240個かw
それからはにぃお目当ての信玄餅ソフトを食べに1階の食堂へ向かう。結構な行列だw
それでも10分ぐらいでありつくことができた。
正直、ソフトクリームと信玄餅を別々に食べた方が良いんじゃないかと思うがw
結局信玄餅は日持ちがしないので買わずに、ジェラート工場へ向かうがこちらは閉店後。
隣のウェストの工場の売店で1割引きのドライケーキ類を買う。
ひでのふ以外はあまり加工したフルーツが好きではないので、ひでのふだけが買ったw
もういちど信玄餅工場に戻り、敷地内のコンヴィニでえびちゅが信玄餅ダンボーを買った。
800円もするだけあって、なかなか出来が良い。
そしてダンボーを知らないのは、ひでのふ家でははにぃだけなのであったw
あとはだいずがピンズのガチャガチャで見事信玄餅ソフトをゲット。

411号線を通り、山梨県の東端小菅村を目指す。
途中ワイン蔵もたくさんあったが、時間が遅かったのでここはスルー。
丹波山に向かう途中で、だいずが「トイレ」と言い出す。
お誂え向きにわらび餅屋があったので、休憩も兼ねて一服。ついでにトイレも借りる。
トイレは併設の旅館の中にあったが、この旅館がとても趣があり泊まりたくなったぐらい。
さすがにトイレだけ借りるとゆーわけにもいかないのでわらび餅(黒糖)食べる。
値段はちょっと張るけど、ボリュームもありひでのふ好みの一品
お茶も付いてくるのだけれど、このお茶もなかなか上等。お茶の値段も考えれば安い。
他の家族も食べるか?と誘うがだれも来ないw 美味しいのにw
代わりにえびちゅとだいずがわらび餅屋の前の川で遊んでいた。
そしてわらび餅屋前に湧き出ている水がとても美味しい。そりゃあわらび餅も美味しいよw

丹波山を過ぎワインディングをぐりぐりと進む。コドモもなかなか楽しんでいるようだ。
だいずも車酔いを起こさないところをみると、大きくなったことを実感する。
なんとか予告の18時に小菅村の廣瀬屋旅館に到着。とても人懐っこいおばあちゃんが出迎え。
部屋は綺麗に改装されている。外風呂は構わないが外トイレでがっくり。
GWど真ん中とゆーこともあり、かなりの支払いをしているのに。
しかし、旅館のホームページには正規レートが大人1人1万と書いてあるが
(これなら納得の価格だ)楽天トラベルにはそれ以上のカネを支払っているのが謎だ。

風呂から上がったあとの晩飯は素晴らしかった。
完全に地の物の構成されていて、ありがちな既製品は全く見当たらない
だけど鱒の刺身をひでのふ以外だれも手を付けなかったのはがっくりだ。
それと見た目が地味なせいか、一品一品に感動を覚える親を後目に
コドモの箸はイマイチ進みが悪い。親は親で地ビールをぐいぐいと飲み進める。
ちなみに夕食会場には30人ほどの客が居たが、全員常連さんのようだった。
もしかすると、GWにここに泊まれたのは大変な僥倖だったのかも知れない。

夜は特にすることもないのでとっとと寝る。

CIMG8681t.jpg CIMG8686t.jpg







【2018/06/12】 家族小旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2018/5
今月の増加分:358,239
今までの増加:-737,476
車の減価償却引当て:2,640,000
レジャー費シーリング:628,000/600,000

今月分のプラスは、保険料の引き当て清算と
中途で入ったので大した金額ではなかったのですが、
ヴォーナスが貰えたからです。

レジャー費の追加分は、久しぶりにGWに家族旅行に行ったためです。
直前の予約だったため超絶高い宿しかとれず...
結局、レジャー費シーリングは少しオーバーしてしまいました。

来月のカード払いは24万円です。
これは定期券代10万と、家族旅行費7万円が加わっているためです。
あとは WiFi ルータ1万円を新調したぐらいかな。

続きを読む
【2018/05/26】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月の密林 2018/5
今月はアフタヌーンと単行本が2冊です。
萌え枠の一つであった家電ちゃんが終了してしまったので、
代わりに一つ追加してみました。


続きを読む
【2018/05/21】 アフィリエイト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2018/4
今月の増加分:-1,722,741
今までの増加:-1,095,715
車の減価償却引当て:2,600,000
レジャー費シーリング:518,000/600,000

今月の百万を軽く超える超絶マイナスは、
さくちぇりさんの3年分の学費を一気に引き当てたためです。
こう一編に引き当ててみると、コドモの教育費の巨額さが判ろうと言う物です。
ちなみに引き当て額は 181万円。これは純粋な学費だけで、
制服代定期代その他もろもろの学校生活の維持費は含まれていません。

来月のカード払いは11万円で、そのうち5万円がさくちぇりさんの定期代です。

あー。そういえば保険料の引き当ての生産を忘れていたな...
来月ちゃんとやろう。
【2018/04/30】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | OLD