前の会社から来た手紙を無視してみた 完結編
このエントリからの続きです。

この命令が届いたのは平日であり、この紙は奥様が受け取っていた。

最初こそ奥様は、A氏をどうやり込めようかと考えていたようだが
その怒りはA氏の帰宅時間が遅くなるにつけ、心配へと変わっていった。
コドモを寝かし、なお帰らないA氏に何かイヤな予感を感じた奥様は
いたたまれなくなって、思わず家を飛び出し最寄り駅に向かっていた。

ホームの先頭には、A氏が寄る辺もなく立ち尽くしていた。

奥様はホームに向かい、A氏の手を掴んだ。

A!あんた一体何考えてんのよう!あたし、心配したんだからっ!

ハッと我に帰るA氏。済まない。とただ一言だけ声を発し、
それを諦めて家路についた。

実は奥様は弁護士士資格こそ持っているわけでは無いが
弁護士事務所にお勤めであり、A氏がまず奥様を頼ろうとしたのにも訳があった。

しかし、この再建差押命令は、奥様の能力をもってしても
そのままでは撤回の効かないものであった。
まずは、前の会社と話し合って状況の確認をせねばならないと
ポコの名刺にあった連絡先に電話するも、誰も出ない。

おかしい。と思って奥様が前の会社に行ってみると、そこには

  テナント募集中


の張り紙が...だっ、騙されたっ!とA氏が叫んでも後の祭りである。

奥様は、その後の対応に奮闘し、いくばくかの現金は闇に消えてしまったものの
換金に時間のかかる証券類や、自宅の競売はすんでのところで避けられたのであった。

それでも奥様は

いいじゃない。おカネなんてまた稼げば。

そう言ってくれるのか...ありがとう。
俺はてっきりあのまま捨てられるものかと思っていたよ。


そんなわけじゃないじゃない。あなたの代わりなんて誰もいないのよ。
それより、Aから感謝の言葉を聞くなんて何年振りかしら?


そうだな。これからはかけがえのないものを、もっと大事にしていくことにするよ。

こうして、彼らは大金こそ失ってしまったかもしれないが
それよりも大事なものを、また手に入れることができたのかもしれない。

続きを読む
【2017/04/01】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前の会社から来た手紙を無視してみた 前編
※ このエントリはすべて架空のもので、現実の個人、会社、団体とは一切関係ありません。

昔からの友達でエンジニア仲間のA氏から、何かと相談と言う名の愚痴を
こぼされることが多い。大体嫁とケンカしたって話が多く、
内容はと言えば自分にとっては取るに足らない内容のことがばかりだ。

まったく、あれだけの才色兼備のお嬢さんを娶っておきながら、なんて贅沢なヤツだと
内心思いつつ話を聞くことが多かったのだが、先日の相談はちょっと話が違った。

なあ、前の会社からこんなものが送られてきたんだけど、お前ならどうする?

A氏が手にしていたのは、こんな文面の書類であった。

   機密および個人情報の守秘に関する誓約書

私、______ は

過去の業務の遂行に関し、次の機密および
個人情報守秘に関する事項を遵守したこと誓約します。


いやいや、個人情報云々ゆってる会社が、
10年も前に辞めた社員の個人情報握ってるっていったいどんな冗談だよw


と返した書類の一番最後には、こんな脅し文句も入っていた。

万一、上記事項のいずれかに反したことにより、会社に損害を与えた場合には、
その責めに応じかつ賠償を請求されたとしても異議の申立をせず、
その請求に応じます


これを12月中旬までに送り返せとか言ってんだよなぁ!

こんなん、ハッタリのタダの決まり文句に決まってんだろ~♪ 無視無視!

そーだよな!やっぱり面倒だから無視すんわ!こんなん!

相変わらずの豪快なやりとりでその日は終えることとなった。
そして、締切日までは前の会社と思しき番号から架電記録と SMS が大量に来た
らしいが、当然それもすべて無視したとのことだった。

そして、締め切り日を過ぎて1週間後の土曜日。A私宅に現れたのは...

続きを読む
【2017/04/01】 その他 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オーディオチップに共通する脆弱性
今はどんなに安いPC、タブレット、スマホでも、
オーディオや音声の再生が出来ないものは無いと思います。

そんな現代では必須と言えるオーディオ機能ですが、
あらゆるコンピュータに搭載されているオーディオ機能は、
ca20k2 とゆーチップで実現されています。
このチップは、OSがデスクトップWindowsの寡占状態なっていることと同様の理由で
Windows よりも強力な寡占が進んでいる状態です。

実際は、PCやタブレット等では全く同じオリジナルのチップが使われている
わけではないのですが、セカンドソースと呼ばれる、同じ電子回路のチップが
使われています。

自分はこの度、このチップに共通する脆弱性を発見しました。

この脆弱性は
「ある特定の音声データを ca20k2 またはそのセカンドソースで再生した場合
チップの回路に直接作用してユーザエクスペリエンスに影響を与える」
とゆー大変危険な脆弱性です。

しかし、どのような影響が発生するのかは
個々の環境によって変わってくるようです。
よって、具体的な影響の発生内容に関して厳密な検証ができていません。

サンプルとして影響が発生し得るデータパターンを持った
音声ファイルを用意しました。
これをお手持ちの環境で再生してみて
具体的にどのようなユーザエクスペリエンスに対する影響があったのか
コメントで頂きたく存じます。
※コンピュータウィルスに感染することは たぶん ありませんが
 各人の責任において実行するよう警告します。


vulnerable_sound_data.mp3

また、未確認ではありますが、ca20k2 以外のチップでも
ユーザエクスペリエンスへの影響が発生する可能性が排除できていないので
より多くの環境での検証を必要としています。
「いや、ウチは多分違うよ」と言わずに、ぜひご協力頂ければと思います。

皆様のご協力に感謝します。

【2016/04/01】 その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
IT業界の人情報求む(経験から)
 今日はIT業界の人に是非情報を聞きたいと思って記事にします。とある本に書いてあったのですが、本当にうまくいっているプロジェクトは笑いがあるものだ。と書いてありました。
 自分がIT業界に勤めていた時にこういったプロジェクトは一切ありませんでした。笑顔で応対していれば、客の対応も良くなるとどこかの本に書いてあったので実践したのですが、その結果が「笑うな」でした。苦虫噛み殺したような顔して仕事して、スパルタでそんな人と飲み会強制参加とか神経いかれてます。思いやりのある国民?ねーよ!そんなの!と思ったものです。ちなみにプロジェクトスタートからこんな感じで案の定炎上プロジェクトでした。こういったプロマネの心理にコメントを是非お寄せください。特にこういった人と一緒にお酒を飲んでおいしいのかどうかも含めて。(某氏が語っていたこういったプロマネがいたら「逃げろ」っていうプロジェクトです)とにかく、大企業の仕事は縦関係にうるさかったです。他のプロジェクトの大企業も縦関係にうるさいですか?「俺が一番上でお前ら下僕な」みたいな。

 対お客とのやりとりでも、「敵さんとどうやって対決するか」ってビジネスに喧嘩持ち込むんですか?まあ、大企業同志のビジネスだとこんなどうしようもないやり取りが多くてうんざりします。でも、ハゲタカでは「真に優秀な経営者はステークホルダー全てを満足させるものだ」と言っているのに、こうしたやくざな会社が何故日本では大金を抑えているのか?また、他でもこんな喧嘩腰で仕事するのでしょうか?

 最近になって、月に500時間労働させる某牛丼チェーン店とか、赤字転落した某居酒屋チェーン店とかブラックと呼ばれる企業が崩れだしましたが、ITドカチンは下克上が起こらないですね。非上場の中小企業が大企業のシステムを直受けしたという話はほとんど聞きません。まあ、こういった相手とはビジネスしない方が精神衛生上いいのかもしれませんが。

 ビジネスとはWin-WinかLose-Loseの関係しかありえないと某本には書いてありましたが、自分もその通りだと思っています。(正直に言うと心理的に満足であってということです。買い物や食事などがこれに当てはまります)思えば、自分が新人の時の教えもこんな喧嘩腰でビジネスしろという感じでした。

 そういえば、火消しも取りあえず、関係部署全部呼んでワーワー騒ぐが対応のSEとか、今思うと少し落ち着けばもっとうまく対処できたはずなのに、お客謝罪→とにかくトラブルシューティング急げで余計パニックになっているようなプロジェクトもありました。こういう時こそ落ち着いて対処すべきなんじゃないのかと思うのですが。こういうプロマネが後々部長になっているのってどうなのとか疑問が沢山あります。

 それと、新人からこのような(上記の「逃げろ」プロジェクト)プロジェクトしか経験しなかった場合と、うまくいっているプロジェクトを経験した場合でやはり実力的にもモチベーション的にも違うものなのでしょうか?自分は前者で「もう結構です」になりました。大企業ってこんなんばっかかよと思ったのもこの時です。大企業はプロジェクトの交渉が下手糞という印象も持ちました。この辺の交渉の駆け引きとかも教えてください。「結構です」から抑うつになって泥沼にはまって脱け出すまでに何年もかかりましたが。

 以前の記事でも書きましたが、仕事ができないと大勢の前で「お前は仕事ができない」とか「クビにするぞ」とか「給料返せ」とか言ったりとか、作業が遅かったら髪の毛を引っ張ったりとかするのでしょうか。某大企業で実際にあった経験です。ハッキリ言って、こういうことされるなら、何も言わずにプロジェクトからはずしてくれた方がストレスたまりません自分の場合。今ならパワハラとか暴力沙汰です。これでうつ病にならない人がうらやましいです。私は無理でした。これでなにくそという気持ちになってモチベーションが逆に上がるのかどうかも聞きたいです。

 それと自分はWeb系の仕事はほとんどやったことが無いのですが、オブジェクト指向プログラムはプログラムの部分だけ効率化できるのであって、設計やテストはCやCOBOLなどと同じくらい時間がかかるはずと思っています。それで単価が「バカ安」くなってしまったのは大手の営業の責任が大なのでしょうか?

 更に、エンドユーザは日本の企業が生産しているパッケージにはカスタマイズしろとか良く言いますが、ミドルウェアやOSなど外資系企業の製品に対してはやけにおとなしい印象があります。マイクロソフトのOSの致命的な欠陥が出て対応が遅れても、「もうお前のところのOSは使わん」とか強気に言っているユーザを見たことがありません。選択肢だけの問題だとはとても思えません。それは何故ですか?日本人特有の内弁慶体質だからですか?

 皆喧嘩したけりゃ、就く職業変えればいいのにと思うのですが、どうなんでしょうか。こういう人は全員相撲部屋に行った方がいいと思います。あれが一番日本人らしさが出ている組織なので。ということでうまくいっているプロジェクトの詳細な説明が聞きたいです。本当にうまくいっているプロジェクトというのは笑いがあるのか。良くて淡々と仕事、悪くて喧嘩というプロジェクトしか経験したことがないので是非ご教授ください。(それにしても、こんな野蛮人が多い職業で暴力沙汰が起こらないのは良く考えると不思議です。プチッと来る人がいてもおかしくないと思うのですが。これも日本人だからか)

 少し前にみずほ銀行のシステムのプロマネを募集していましたが、やりたいと思いますか?やりたくない場合の理由はやはり旧3行がまだまとまっていないのが主な理由ですか?逆に月給的にいくら貰えるならやりたいと思いますか?更に、エンドユーザの意思決定の遅延について追加でお金を取ることについてはどう思いますか?これは現実に良くある話だと思います(追加料金の話ではなく)これについては、そういう話を聞いたことが無いのでご意見を聞きたいです。

 などなど、知りたいことが沢山あるのですが、わかる方お答えください。
【2015/04/30】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
元従軍慰安婦の顛末
ではこれの答えあわせです。

▼ 「ソウル近郊のトラサンと言う町で生活」
「ソウル」「トラサン」でググると、このあたりの座標に行き着くわけですが
見ての通り北朝鮮に大変近く、実際に「民統線」と呼ばれる民間人の立ち入りが
厳しく制限されているエリアの中になります。
ここに住むことが出来るのは、特別に許可を得た韓国人だけで
到底外国人が住居を構えるようなことが出来る場所ではありませんw

▼ 「許 八柏(78) 」
まず、年齢自体がおかしいんですが、
この名前をハングル文字で書くと「허팔백」となるのですが
実は「嘘八百」をハングル文字で書いても、同じ「허팔백」となりますw
名前の方を見抜けた人は大したものだと思います。

▼ 「ITを駆使して、現在と過去の日本の過ちを世界に知らしめる仕事」
これはもうVANKを指すわけですが、もし内部に日本人がいれば
このような少し違和感のある日本語のページにはならないはずです。

▼ 「最初に日本軍が私の村にやってきた時...」
こっから先の内容は、すべて白馬事件をパクっインスパイアしたものです。
白馬事件とは、日本軍が現地の女性を強制的に拉致して慰安婦に仕立てた事件
なのですが、拉致したのは朝鮮人ではなくて、オランダ人ですw
#ちなみに「白馬」とは、白人女性を指すらしい。

てな感じで、日本軍も現地軍レベルでは結構ヤンチャが多いなとの印象です。
あーそこそこ。皇軍の栄誉にかかわるので「小笠原事件」とかでググってんじゃねえ!

ちなみに、この件に関しては、日本政府レベルでオランダに対して謝罪&賠償済み
なのですが、今だにグダグダ言っているおばちゃんもいますし
実はオランダも政府レベルで謝罪が足りないと言っています。

▼ 「朝鮮光復軍の救出作戦」
厳密には「朝鮮光復軍」とゆー組織は存在しません。
馬賊・匪賊レベルでは存在したかもしれませんが、
何れにせよ太平洋戦争中に軍事作戦を行った「朝鮮光復軍」は存在しません。
「韓国光復軍」は存在しますが、
こちらも日本軍に対して軍事作戦を行った歴史はありません。

▼ 「日本は政府レベルでこの残虐行為を認め...」
日本政府は残虐行為を認め、謝罪も賠償も行っています。

だがしかーし!韓国人があんなもんで満足できると考えるのは間違いです。

不幸にも、エープリールフールから今日までの間に
韓国人が認める謝罪とはどーゆーものか
日本人が目の当たりにすることになる事故が起きてしまいました。

日本人には韓国人のヒステリックな反応が奇異に感じられますが
韓国人からすれば、あれが当然の反応です。
仮に日本で同じような事件が起きたとすれば、反省するのは当事者だけで
首相の辞任や、関係ない一般人があれほど大騒ぎすることは考えられません。
しかし、それを見た韓国人からすれば、
なんと冷たい国民なのだろうと奇異に感じられるはずです。

要は、慰安婦問題についてあれと同じように謝罪せよと言っているわけです。

こうなると日本が正しい韓国が正しいではなく、
文化の違いとしか言いようがないわけですが
近いうちに、韓国人自身が納得行く謝罪は、韓国人自身にも不可能であろうとの
結論が出てしまうような気がしてなりません。


【2014/04/28】 その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | OLD