今月の屑株 2019/3
今月は以下の銘柄を売却

レッドプラネットジャパンを 14円で 200株。-8600

端株になるため売却です。
うーむ。ルールにのっとってやってるとは言え、
こんだけまとまった額で負けるとちとムカつきますねw


今月は以下の銘柄を購入

昭和ホールディングス を 59円で 200株

ここんところ相場の調子が良いせいか、屑株も割高なレンジじゃないと買えないですね。
この昭和ホールディングスも割高って感想が、まず最初に来ます。

昭和ホールディングスは、祖業はゴムの製造会社なのですが、色々あって屑株ですw
同業の相模ゴムやオカモトのキラキラ輝く財務諸表を見ていると
これが同じ日本で経営するゴム会社なのかとクラクラしますw

テニスボール作ってる場合やなかったんや!
なんでコンドームを作らんかったんや!


と、旧来からの株主の恨み辛みの声が株券から聞こえてきそうですw

ちなみに昭和ホールディングス、ゴムだけじゃなくて和菓子も作ってますw
しかし、実態はと言うと、東南アジアで高利貸しを営んでいると言って過言ではありません。
売上としては高利貸しの方が他の業態よりも売り上げがずっと大きいです。

そしてなぜこの会社が屑株会社となってしまったか、
その原因として此下益司とゆー人物が挙げられます。
此下益司氏は実に運用資産 1200 億円を誇るファンド
アジア・パートナーシップ・ファンド(A.P.F)を率いる実業家です。

今でも昭和HDでは、この人の弟が代表取締役を務めているほどの大株主です。
ついでに、傘下のウェッジホールディングスの大株主でもあります。
で、株主になって何をやったかとゆーとまーこんなこと。

平成18年3月期 決算短信から、平成23年3月期 決算短信までを続けてみてみましょう。
18年3月期の賃借対照表を見ると、土地を売って現金を20億円以上増やしており
さらに翌年には増資で50億円近くまで現金を増やしています。
ここまでは別段おかしな動きとも言えないのですが、

20年には貸し倒れと減損で23億円吹っ飛ばし
さらに22年には28億円あった投資有価証券が、23年にはほぼ消し飛んでいますw
※ A.P.F が実質的に昭和HDの大株主になったのは平成21年度です。
※ その前の大株主もVTホールディングスなんだよなぁ...


19年にあった50億円の現金はどこにいっちゃったんでしょうねぇw

ひでのふとしては、今でもこの決算短信を Web で開示しているIR担当者の漢気を感じますw

ただ、此下益司氏が来る前から割と斜めチックな経営状況であり
もし氏が来なければとっくに倒産していた目も十分あると思います。
一番古い財務諸表から見ても、赤字なのにずっと自己資本比率が上がり続けてるってことは
それだけ大量の株券を刷りまくってきたことの証左でもあります。

今後の見通しですが、宮入バルブを例外として、
こんな感じで吸われちゃった企業は、なにがどーあっても上昇する目は無いと見ます。

大株主であれば、株主全員に公平な還元なんかしなくても
こうして大株主だけが裏口から過去の蓄えを掠めることができるわけで
実際にそれをしてきている以上、相当説得力のある話ではないかと思うわけです。
ついでに会社でこんな政商を飼ってるうちは、株価上昇の目は絶対無いと言い切れますw

それでもここもクレアみたいにしぶとく生き残るよーな気がしますがw

【2019/04/14】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月の屑株 2019/2
さあ今月も順調に遅れていますが、株買ったのは2月だから!

今月は以下の銘柄を購入

オンキヨー を 56円で 200株

オンキヨーは 1946年創業の老舗のオーディオメーカーです。
御多分に漏れずバブル期前はブイブイ言わせていた国内オーディオ各社ですが
バブル崩壊に続く景気後退と、ポータブルサウンド台頭によって
消費者は言うほど音質にこだわらないものだと判った時にはすでに遅し。

そこのお前!山水の話はしない!

それでもオンキヨーは、総鉄屑ソーテックとゆーPC製造メーカーを買ったり
パイオニアのオーディオ部門を買うなど一人気を吐き頑張っていたのですが。

そこのお前!弱者連合とかゆわない!

うんまあ、頑張ってたのは認めるんですが、屑株ですw

とりあえず最新の有報を見てみましょう。
負債に対する現金の比率が低く、去年と同じ赤字がでると債務超過待ったなしな勢いです。
そりゃあ継続企業の前提に嫌疑も付いちゃうよなあって勢いですw
まあ、株主資本に対する売上はとてもメーカーとは思えない数値ですがw

いや、この調子は数年前から続いており、もうとっくに潰れていてもおかしくないんですが
最近よく目にする EVO FUND なる大人が新株予約権付き社債で大量に貸し込んでいます。
正直この会社にここまで貸し込む理由はよくわかりません。
EVO FUND は他にも潰れかけの上場会社にカネを貸し込んでいるとはいえ
今や MSCB をおいそれと発行できないこのご時世において
EVO FUND が一体どーやって儲けるつもりなのかはわかりません。

過去の経験からゆって、こんな感じのよくわからない投資行動を取っている大人に
ついて行くのは絶対に危ないと言い切れます。
#彼らは株価が下落しても儲かる算段を用意している。
よって、今後の見通しは「必ず下落するから買わない方が良い」です。

個人的には国内オーディオメーカーはオーテクだけ残れば良くね?と思っていますw

【2019/03/11】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月の屑株 2019/1
今月も納期ガガガ...

今月は以下の銘柄を購入

燦キャピタルマネージメント を 58円で 200株

燦キャピタルマネージメントは、不動産投資を中心とした投資事業を営む会社です。

最新の有報をみても屑株にありがちな大きな利益剰余のマイナスと
長きに渡る赤字を株券発行で凌いでいたりと
面白みに掛ける部分が多いです。

しかし、そんなパッとしない会社がどーなるかとゆーと
仕手のおもちゃにされるわけですw

実際に、2014 年の暮と、2018年の10月中旬に、
なかなかのイナゴタワーが建立されていますw
2018年のイナゴタワーに関しては明らかな買い煽りがあったなと思うんですが
ひでのふの想像するカラクリとしては

▼ マーケティングを駆使して投資セクターで有名になる。
# 別段勝っている必要は無い。
  ↓
▼ 知名度を生かし、無料の投資情報に群がるイナゴを集める一方で
投資セミナーの有料会員客を集める。
  ↓
▼ 投資セミナーの有料会員客に玉を仕込ませる。
  ↓
▼ イナゴに仕込ませた玉の情報を流す。
  ↓
▼ 爆上げに提灯が付く展開でさらなる爆上げが展開される。
  ↓
▼ 上手く逃げられれば良いが、概ね誰かの養分と化す。
# イナゴはもちろん、有料会員客やセミナー講師自身も養分にされているような気がするw
投資セミナー自体は上がった!儲かった!
次の有料会員とイナゴを仕入れるためのネタにして最初から繰り返す。

とまあ、なかなか面白おかしい仕組みだなと思う一方で
こーゆーにコロっと引っかかっちゃう人はそもそも投資に向いていない気がしてなりません。

ちなみにひでのふが思うに、投手手法とゆーのは本当に水物
たまたま相場の流れに一致しただけなのか、本当に手法が優れていたのかを
見極めるのはとても難しいと思っています。

今後の見通しですが、またそのうち訳の分からないところで花火が上がるんでしょうが
大体こーゆーのは安値で仕入れられたと思ってもスッ高値だったりします。
今後も株券発行業に揺るぎがなさそうな業績ではあるので
下落傾向に歯止めがかかることはないんじゃないのでしょうか。

恐らくワリに合わないだろうな。とゆーところが今後の見通しです。

【2019/02/06】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月の屑株 2018/12
さーてと納期が順調に遅れておりますがw

今月は以下の銘柄を購入

小僧寿し を 46円で 200株

小僧寿しは持ち帰り寿しチェーンのパイオニアで
日本で高級になっちまった寿司を庶民価格に取り戻し
今や盛業の回転寿司や持ち帰り寿しの原点となった企業なのです。
もちろん、ひでのふ世代のおっちゃんおばちゃんなら小僧寿し知らない人はいません

そのくらいの有名企業かつ業界の第一人者である企業ですが、屑株ですw

ちなみに、小僧寿し知ってるはコドモそうそう居ないんじゃないかと思います。
バッテラ好きやったんだがのう...
ちなひでのふ家の近くにも小僧寿しがあったんですが
しばらく行かなかったうちに潰れてしまいますた...諸行無常...

本当、諸行無常。この会社を語るにはぴったりの言葉です。

まずどのくらい諸行無常かと言いますと、元ネタは小僧寿しの企業HPにある沿革です。
http://kozosushi.co.jp/company/history

昭和54年の「加盟店年間総売上、外食産業第1位となる」も凄いですが
昭和62年の「加盟店2300店舗達成」は無茶苦茶凄いです!
誰でも知るスターバックスで 1400 店舗弱。
似たような業態のオリジン弁当では 600 店舗超えてません。
さすがにセブン・ファミマ・ローソンのコンビニ御三家にはかないませんが
ミニストップとほぼ同規模の展開がなされていたとゆーことですw

これだけデカい会社でも株式公開は意外と遅くて、
店頭公開が平成6年。
ジャスダック公開が平成16年です。
ある意味上場あがりの会社とも言えなくはない感じがしますw
できればブイブイ言わせてたころの昭和50年代の
財務諸表との対比がしたかったなあと思いますが、それは叶わないようです。

まあでも見れる中で一番古い平成26年12月期 第1四半期決算短信と
最新の平成29年12月期 第3四半期決算短信を見比べてみます。

売上高は平成25年に比べると微減と言ったところですが、
一株当たり純資産は1/3で、株式数は 1700万株から 3000万株にほぼ倍増。
赤字体質も変わることなく、まあ、
お先真っ暗って以外の感想が思い浮かばないですw

こうなった失敗の原因としては、もうこれは出店戦略の失敗によるところが大きいようです。
確かに、小僧寿しを大型スーパーのフードコートで見たり
駅前の商店街で見かけることはあまりないと思います。
逆に小僧寿しの間隙を縫うように成長したちよだ鮨は、
フードコードや駅近の商店街への出店で成長したように見受けられます。
それを受けてか、経営の迷走っぷりはネットでぐぐればいくらでも出てきます。

今後の展望ですが、このまんまだと潰れるしかないです。
純資産5億の会社で、四半期だけで2億5千万の赤字ぶっこいています。

じゃあこの先どーなるかと言うと、正直大株主のJFLAホールディングスの
胸先三寸と言ったところですw

もしかしたらM&A敢行で大爆騰するかもしれないし、
損切で紙屑になるかもしれないし...
再生大成功で株価うなぎ登りになるかもしれないです!
個人的にはブランドを生かせばあるいは、とゆー思いはあります。

宝くじ買うよりはずっといい買い物だと思います。

【2019/01/07】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月の屑株 2018/11
エントリ書くのは遅くなってしまいましたが、まあ買ったのは11月35日ぐらいなのでw

今月は以下の銘柄を売却

21LADY を 320円で 100 株 +24,500

21LADY 売ったのは端的に屑株に注ぎ込むおカネが無くなっただけで
※ そいやーフージャースの株主割当新株予約権行使したんだったw
特段 21LADY の行先に不安を感じての売却ではないです。

まー 21LADY は優待も復活したけれど
何れにせよこの株式数では何も貰えないわけでw

ごっつあんです。

今月は以下の銘柄を購入

ブロードメディア を 64円で 200株

続きを読む
【2018/12/09】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | OLD