桑年のおっさんが転職してみた その2

応募時期    :2014年11月
応募先     :Rapid7
利用エージェント:自力
不採用理由   :英語力不足。


続きを読む
【2018/03/01】 転職活動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
桑年のおっさんが転職してみた その1
※ 桑年(そうねん)とは、48歳のことを指すようですね。

この度、18年の長きに渡って勤めたユニファイドコミュニケーションズを退職し
新たに別の会社で働くことになりました。

うんまあぶっちゃけ転職したわけですが
果たして40台後半の、それも履歴書上はパッとするわけでもないおっさんが
いかにして転職を果たしたか
とゆーのは非常に興味を持ってもらえる話だと思うわけです。

会社が潰れた訳では無いので、会社関係のコネは一切使えません...
そして、実際に色々と申し込んで落ちた会社が実に30社
転職にかかった期間も3年以上の長きに渡るものでした。
就職氷河期の頃を生き抜いて来た人たちの悲哀がなんとなく判る気がしました。

とはいえ、せっかくこれだけの体験ができたので
ボチボチとその体験を綴って行き、
その時得られた感想や反省を書いて行きたいと思います。

とりあえずスペックと前提条件はこんな感じ。

▼ 前提条件
 → LinkedIn を使用。
  ・エンジニアのみなさんのつながりは絶賛受付中ですよ!
  ・転職エージェントは一部の有能エージェントを除きボチボチ切りたい...
 → そこから繋がった外資系奴隷商人転職エージェント数十社を使用。
  ・お友達に話したら「普通転職エージェントは一人じゃね?」ってゆわれた...
 → 自力で応募した企業も数社。
  ・実は自力で応募して書類で落とされた会社は無いです。

▼ スペック
 → 本人はプログラマ寄りのエンジニアのつもり。
  ・流行りのえぶあぷりとかも作れますが経歴がありませんw
  ・低レベルが得意ですとゆーて、アナログ回路にまで手を出すヤツはそーはおるまいw
 → 世間的な理解ではサポートエンジニアと解する人が多いようで。
  ・前職の経歴の半分以上がそんな感じなので仕方がないですね。
  ・まあおかねくれるならどんな仕事でもやるんだけどさw
 → マネージメント力も評価して頂きたいお年頃。
  ・エンジニアとして電話料金で育ててもらった一人なのである程度は。
  ・「この仕事下請けですよね?」「自社名義ですよ!」ってやり取りも何度か。
 → 英語力は大体英検2級ぐらい。
  ・観光旅行で困ったことはあんまないですが、電話面接はもうコリゴリです。
 → 転職回数は少な目。今回で3回目。

ちな登場順は時系列です。

続きを読む
【2018/01/02】 転職活動 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |