我が家の家計 2018/1
今月の増加分:1,413,250
今までの増加:1,709,814
車の減価償却引当て:2,480,000
レジャー費シーリング:518,000/600,000

今月はおカネの出入りが激しく、
知人からの借金返済があったので、まとまった金額の入金があった一方で
保険料の支払いがあったりします。

カード払いも少な目だったとゆーこともありますが
正月による現金の支出が多く、
実質の増加分としてはせーぜー1万なんぼと言ったところです。

ちなみにこの返済のあったおカネも
そのままさくちぇりさんの進学費用に消える予定ですw
コドモってさ、カネ掛けようと思えばいくらでも掛けられるとゆー好例ですねw

来月のカード払いは16万ですが、内11万はふるさと納税ですw
ちな2017年の年収は思ったより上がってなくて、
かなりの金額が単なる寄付に終わりそうですw
#前職の年間支給額が思ったより下がってた...


【2018/01/22】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2017/12
今月の増加分:884
今までの増加:296564
車の減価償却引当て:2440000
レジャー費シーリング:518000/600000

今月は22万とゆー巨額のカード払い
昼食費用が嵩んでいるにも関わらず、なんとギリギリプラスです!

これもすべておきうりよおが上がったおかげでございます!
ビバ・好景気! ビバ・アベノミクス!

ちなみにカード払いの半分は定期代なので、あまり使ったわけではありません。
資格試験の勉強があったので、
週末もだいずをおかねはくぶつかんに連れて行ったぐらいで
あまり充実してはいない感じですが。

とゆーことで、
・車の減価償却費引き当てを、元の月4万に戻しました。
・レジャー費シーリングを収入に合わせて増やしました。

【2017/12/26】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2017/11
今月の増加分:-322135
今までの増加:295680
車の減価償却引当て:2400000
レジャー費シーリング:518000/360000

今月の巨額のマイナスは
・だいずと中国行った -263K
・さくちぇりさんにおようふく買った -25K
・旅行用バッグを新調した -34K
・ラズパイをもう1台買った -8K
・いつもよりお給料が10万近く少なかった
と、旅行以外の散財も目立つ上に、
しばらく昼飯は同僚と一緒に外に食べに行くことにしたので、
これも1日当たり千円と地味に効いています。

当然レジャー費シーリングもヒコーキ代だけで余裕でオーバーしてますw

続きを読む
【2017/11/21】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2017/10
今月の増加分:186990
今までの増加:617815
車の減価償却引当て:2380000
レジャー費シーリング:255000/360000

今月の増加分のホトンドはコドモ手当 +140K と定期代なんですが
財布に2万以上あったり、新しい銀行口座に1.5万移したりと
手元の現金もぼちぼち多い感じだったりします。

今月は、はにぃとオクトーバーフェストに行ったので
レジャー費として 10K 計上していますがそのくらいです。

むしろ、今月はだいずと中国旅行に行っていたので
日本円現金はあまり使っていないのですが、
代わりに来月のカード払いが物凄いことになっています。

実に42万円。まあ、耐えられる目途はもちろんあるんですがw

【2017/10/30】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2017/9
今月の増加分:-28503
今までの増加:430825
車の減価償却引当て:2360000
レジャー費シーリング:245000/360000

レジャー費シーリングの増加分は、帰省の時に使ったカードの支払いと
(これで帰省関連費用は全て計上済み)
兄弟をサマーランドに連れて行った費用です。

さらに今月は
・ついに水栓を更改 -33K
・旅行用のバッグを新調 -35K
・さくちぇりさんにおようふくを新調 -25K
・タブレットを新調 -40K
・さくちぇりさんにテスト結果連動お小遣い支給 -25K

と、かなり豪快にカネをつかっているのですが
これタブレットとお小遣い以外全部カード払いですw

テスト結果連動お小遣い支給額が当初の想定より思いの他膨らんでおり
嬉しいやら厳しいやらちょっと複雑な気分だったりしますw

来月のカード払いは14万円で、これは帰省費用の一部と
水栓の更改費用が含まれているためです。

【2017/09/25】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | OLD