渋4セカンドプレイ
あれから3ゲーム...
はにぃの痛い視線に耐えながら、いくつかわかってきました。

・剣士ラッシュ強
邪魔な隣国は剣士4スタックのラッシュで殺。
ノーマル弓だと丘に陣取る都市で防御中に弓に対し勝率が0.6%とか
ありえない数値もよくあります。
これが兵舎と蛮族退治で強まった剣士ですと勝率が7割越します。

・グレードアップが侮れない
たかが10%と侮るなかれ。勝率にモロに響いてきます。
剣士が初期から持つ都市攻略+10%ボーナスは大きいです。

・戦争最強
攻められる前に攻める。
CPUは各都市に防御用ユニットが行き渡る前に攻撃用ユニットは作らない傾向が見えます。
そのため、早い段階から都市攻略や防御兵に強い攻撃用ユニットを作り
隣国の都市を蹂躙しまくるのがよいかと思われます。

その上平和主義を公民を採用していても、厭戦やユニット維持費など微々たるものです。
もうこれはユニット作りまくって攻めまくるしかないといえます。

・やっぱり宗教重要
複数国と陸地で繋がっている状態で単に隣国に宣戦すると、それらの国の
印象も悪くなり、将来攻め込まれる可能性が高くなります。
しかし、国教を同じくしていると、あまり印象は悪くならないようです。

・小屋スパム強
ゲームの終盤で、得点は単独トップに立つものの、エリザベスやワシントンは
科学技術ではぴったりマークしてくることが多かったです。
原因はどうも小屋を建てまくり、彼らの持つ金融志向の利点で
小屋からのコインの収入が多かったためのようです。

・金融志向強
とゆーことで、金融志向+小屋スパムが最強の戦略といえます。

・世界遺産弱
序盤でいいなあと思えるのはピラミッドとファロス灯台ぐらい。
無理に狙わず軍備増強して奪い取るのがよいかと思われます。

・世界一周ボーナスも忘れずに
大した物が積めないキャラベル船ですが、世界一周を最初に成し遂げた文明には
船の速度に+1されます。
CPUはあまり狙ってこないボーナスなので、取るのを忘れずに。
【2006/09/04】 ゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
mixiのIPO応募
続きを読む
【2006/09/13】 相場 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
無いものは使えない
> 新規・高度なプログラミング手法は極力利用しない
> 長くていいから、変数をしっかり書く
> 全コードをもう一度書き直すモチベーションを維持する

まあこの辺は同意できますね。
しかし、10年前ならいざ知らず、オブジェクト指向を「新規・高度」と
言い切ってしまうには無理があります。

ちなみに、1年前までパソコン触ったことなかった素人に
プログラムを教えながらオブジェクト指向を理解させるのに何度も言った言葉が
「現実と同じだ。無いものは使えない」

【2006/09/15】 技術 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
我が家の家計 2006/9
今月の増加分:-258142
今までの増加:-171794

今月は先月の大幅プラス分以上の壮絶な赤字が出てます。
これは家計から車代30万を支出しているためです。
それを思えば今月はよくやったほうだと思われます。

でもって、家計からはさらに車代として15万を支出する予定です。

大丈夫か?大丈夫なのか?>我が家

ちなみにローンは使わず全額キャッシュで買いますた。
【2006/09/25】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月の屑株 2006/9
今月は軽貨急配を50円で200株購入。

ここは現在MSCB爆弾絶賛炸裂中で、4月から1/4になり買うことができました。

しかしこの会社の株価を下げる要因はそれだけではない。
なんと儲け6億で特損80億。
これも買う当日60億に下がったわけですが、中間配当中止と言うこともあって
株価にはまったく反映されませんでした。

で、この特損60億の内容が凄い。
この会社はこんなことやってる会社なわけでして
#しかし、こんな反社会的な会社を上場させる大証も凄い。
その特損の内容とはズバリトラックのローン代金です。

今まではそれを社員に取り立てさせ(ちょっとまて)ていた訳ですが
このローン代金の債権を取り立ての専門会社に売っぱらい
差額が損失となりました。

さらに80億が60億となった経緯が凄い。
債権の売却に当り、債権の精査をしたところ自分のところでまだ取り立て可能な
債権は売らないことにしたためだそうです。

ちなみに、専門会社に売られた債権の取立ては今より緩くなるんだそうです。
てゆーか、今まではきつかったってことですね。orz

こんな会社でも、期末配当5円を予定しているのも凄いです。
ひでのふ的には、年間配当率が5%を超えた上場会社で、実際に配当が
行われた会社には覚えがありません。

あと、名古屋で事務所が爆破されたのはこっちの会社です。
まあやってることはほとんど同じなわけですが...

しっかし、こんな会社の株までも買わなくてはならないとは...
屑株投資の道は険しいです。

信用の方はついに3銘柄とも評価損に突入。
まあ、評価損自体は大した額ではないんですが
それより相場自体の上昇を期待したいところです。
【2006/09/26】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |