FP法を使ったソフトウェア規模の算出の実際
ソフトウェアの工数見積りの際、最近よく耳にすることの多い
FP(Function Point)法なわけですが、
なぜ耳にすることが多くなったのか?ひでのふの考えはズバリ

従来の人月法となんらかわりがないから。

でしょうね。
FP法という響きが、見積りに与える「箔」として最も簡単でかつ十分な
見栄えを与えるのが、巷の営業マンにウケているのでしょう。

実際、FP法で得られたポイントを1ポイントあたり1人月に換算しますと...
あら不思議。人月法で得られる工数と全く同じになるはずです。orz

しかし、FP法もこのような誤った使い方をせず、要点を掴んで適用すれば
仕事をするエンジニアが死ななくて済む見積りが出来上がると考えています。

・機能をなるべく細かく切り出す。
機能(Function)の切り出しの手法はFP法の教科書通りで問題ないと思いますが
なるべく細かく切り出すのがポイントです。

とは言え、画面の全てのボタンを機能として切り出すことは
細かすぎるかもしれません。

・「作業」に対してもポイントを付与する。
デバック環境の準備、ミドルウェアのインストール、さらには発送準備まで
ソフトウェアの開発以外にもこれらの「作業」が付きまといますが
誰もタダではやってくれません。
その上「作業」に対しても「検証」が必要であることを考えれば
とても開発時間に丸め込んでしまうには少々無理があるってもんです。
わかっているなら事前に加算しましょう。

・1日人2ポイントで換算する。
1機能10ポイント超える場合は、機能の切り出しが足りていません。
概ね2~6ポイントぐらいになるのが適当でしょう。
ついでに奇数は大きいほうの偶数に丸めてマージンも確保しましょう。

機能の切り出しを細かく行い、ポイント当たりの作業単位を小さくすることは
エンジニアが死なないことと大きく関係があります。

例えば...
想定外のバグやロジックの複雑さに遭遇することはよくあることでしょう。
ここで、想定の2割り増しの工数がかかった機能があるとします。
半日単位であれば、少し強めの残業で乗り越えられそうですが
1週間単位であれば、徹夜と休日出勤が待ち受けています。

さらに、めったにないことですが想定の3倍の工数がかかった機能だと...
半日単位であれば、週1の徹夜と休日出勤でなんとかカバーできそうですが
1週間単位であれば、納期か品質かのトレードオフは免れず
信用に関しては確実に悪化し、エンジニアの死も待ち受けているでしょう。

もし、想定の3倍の工数がかかることが頻発するようであれば
それはその見積りを作った人に責任を取ってもらうしかありません。

機能の切り出しには仕様の確定が不可欠なわけですが
(FP法の解説でもそんなことにちらっと触れている)
FP法の極意はなんと言っても

見積もる前に仕様を固める

これに尽きるでしょう。
当然、見積りを書く人と実際に作り込む人との連携も密に行う必要があります。

実際、ひでのふでも小さめの仕事では

「見積書=仕様書」

になるケースがままあります。

最後に、FP法の利点としては

細かい仕様追加にも金を請求しやすい

ってことでしょうか。
そりゃそうでしょう。
請求単位が半日で、最初の見積りの段階で仕様が確定しているわけですから。

【2006/11/03】 技術 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
えび柿入院 1日目
今日からえび柿はクレチン症の検査のために入院します。

入院開始時点には付き合っていなかったのでそのときの様子はわかりません。

えび柿の入院している病院はひでのふの会社から歩いて2~3分の
場所にあるので、3時ごろちょっと仕事を抜けて様子を見に行ってきました。

言ってみるとえび柿の左腕には痛々しい点滴の後がありました。
点滴?何の点滴だ?とは思いましたが...

それよりも何よりも、えび柿、檻付きのベッドに囲われていて
大変元気がありません。点滴のせいだけではなさそうです...

他の患児たちは割と重症な感じの子供が多くて、
そもそも体が動かないような子供が多く
そうであればベッドの檻など気にならないのでしょうが
えび柿のように普段は何の問題もない子供にとっては
あの檻が抑圧に拍車を掛けている感じがします。

今ふと思ったんだが...トイレは大丈夫なのだろうか...

ちなみに、今の時期の小児科病棟は感染症防止のため、
入院患児は外出することができません。
親と一緒にちょっと息抜き...と行かないのが可愛そうです。
なので、これから検査入院が待ち受けているおかあさん達へ。

入院は夏から秋にかけてにしましょう。

仕方が無いので、えび柿には幼稚園児用雑誌とジュースを買い与えて
仕事に戻りました。
続きを読む
【2006/11/06】 病気 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2006/10
今月の増加分:-124043
今までの増加:-295837

本当に大丈夫か?ほんっとーに大丈夫なのか?>我が家

これを見ると
「ャッバカ-ナヴィャベドゥギャヨカッタア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!」
とか
「ヨンダムジュ-ディィ-バャッバイランデ!イランャーイ!」
とか
「ススデラドオルガャスグデバャグデビィドイヨ!ススデラバンゼ-!」
とか
激しく後悔の念に駆られますが、
あのWRマイカのブルーが全てを忘れさせてくれます。アヒャ!
(あまりのマイナス額の激しさにひでのふのどこかがコワれ始めているようです)

ちなみに車代に対する今月の出費は15万です。
さらに今月は信用取引の負け15万も清算しますた。

その割りにこの程度のマイナスで済んでいるのは、
やっと高額医療費の還付が10万ほどあったのと
児童手当も4万入ってくれたお陰です。

11月はえび柿の入園費用もあるんだよなあ...カネタマラン。





【2006/11/07】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
えび柿入院 2日目
昨日の夜もまたお見舞いに行ったわけですが、はにぃと一緒にお風呂に入ったら
少し元気を取り戻しえび柿。
ごはんもかんごふに食べさせてもらったので、ちゃんと食べられたようです。
トイレもちゃんと行かれるようでした。

しかし、消灯時間の8時を過ぎてもえび柿、まったく寝る気配がありません。
はにぃが添い寝し、ひでのふが絵本を読み聞かせ、必睡の催眠器具
「耳掃除綿棒」
を使用しても、まったく寝る気配がありません。

それもそうです。えび柿は自分が寝たらはにぃが帰るって自覚があるからです。
ちなみに、おとうさまは先に帰ってもいいらしいです。orz

9時半ごろ、ようやくかんごふがえび柿をナースセンターに連行し
我々も帰途に着くことができました。
しらんぷりしてこっそり帰ると、後でえび柿が激しく泣くのはわかっているので
ちゃんとバイバイしてから帰ります。
もちろん、泣いてはいましたが。

今日は2時にはにぃと一緒にお見舞いです。
レントゲンを撮りに行ったとのことで、えび柿は病室にはいませんでしたが
暫く待っていたら、かんごふに手を引かれて帰ってきました。
肝心のレントゲンは、手にシャントがまだ付いているので延期となったそうです。orz
ちなみに、レントゲンは手の骨の成長具合によって、クレチン症における
生育への影響を見るために行うそうです。

えび柿。はにぃを見るなりだっこ&泣きです。
「はやくおうちかえりたいよおおお」と言っていますが、仕方がありません。

プレイルームではにぃと一緒に遊んでいる間に、ひでのふはまた仕事に戻りました。
続きを読む
【2006/11/07】 病気 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
えび柿入院 3日目
昨日の夜もお見舞いです。
えび柿はご飯を食べていました。
もちろん、自分のベッドのちかくにちゃぶ台を置いてご飯が食べられるのは
えび柿だけなんですが...
ご飯は「あんまりおいしくない」とか言ってました。そんなことはなさそうなんですが。

風呂の後は近所の図書館の出張貸し出しが着てくれました。
えび柿は4冊ほど本を借りたので、寝る前に眠れる森の美女の絵本を
読んで聞かせてやりました。

8時の消灯時間になったら今日はサクッと寝てくれました。
「なんだかだるーい」と言っているようで
今月に入ってからチラージンを1回も飲んでいないのが効いてきたのでしょうか。
軽い口内炎や、皮膚のトラブルもあるようです。

今日は2時丁度にお見舞いに行ったら、えび柿はナースセンターで
囲われていました。
えび柿のベッドの近くでは、お話が出来るようなお友達がいません。
退屈なのは容易に推察できます。
対処してくれてるかんごふの邪魔にならなければよいのですが。

今日はプレイルームで胡散臭いNGOのお姉さん達が色付きの厚紙で
なにやらファンタジーな物を作るワークショップをやっていたので
えび柿を参加させます。

しかし、ワークショップに参加できる子供がそれほどいるわけでもなく...
えび柿は何人ものおねえさん達に囲まれてワークショップに参加してました。

その時点ではにぃが来たので会社に戻ったわけですが
暫くしてからはにぃから電話があり...

「カプセル飲めない子は甲状腺シンチグラフィーが出来ないので退院!」

となってしまいました...
これってまた入院ってことですよね...
はにぃの話によると、先生がなにやってもどうやっても、えび柿はカプセルを
飲み込んでくれなかったのだそうです。orz
なので、これから検査入院が待ち受けているおかあさん達へ。

入院はカプセルが飲めるようになってからにしましょう。

【2006/11/08】 病気 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
えび柿入院 4日目
ん?退院したんじゃないのか?と言われそうですが
昨日は発達検査&結果聞きです。

最初にまずは心理療法士のおばちゃんと一緒に発達検査です。
親も同伴です。
検査の方法は後からググってみたところ「新版K式発達検査」じゃないかと思われます。

検査は色付きの積木を組み合わせたり、先生の問いかけへ答えたり
数を数えたりします。

たぶん、というか、間違いなく...
これは子供に予習をさせたら天才児ここに現る!になりますよこれ。
実際、えび柿の出来のよかった検査項目に対しては、先生も
「なんかお教室通ってる?」とか言っていました。

親から見ると、あー。こんなこともできないんだー。と落胆することありの
おおー。こんなこともできるんだー。と喜んでみたりと
我が子の意外な一面を発見することができたのは面白かったですよ。

ちなみに検査結果では発達の遅れは見受けられませんでしたと一安心。

そして、その後はTRH負荷試験と超音波エコーの結果を聞きに行きます。

TRH負荷試験は...昔見たようなTSHの数値が炸裂しています。orz
FT3,FT4の値も1以下です。
超音波エコーは、確かに見る限り甲状腺が小さいです。
所見でも、通常の1/3の大きさと書いてありました。
とゆーことで、えび柿のクレチン症は、まずは甲状腺低形成が原因のようです。
TRH負荷試験の状況からも、永続性と言うことで間違いはないようです。
まあ、これは親としてももう覚悟完了ですから気にはなりません。

ちなみに、手の骨の発達に遅れは見受けられませんでしたとこれも一安心。
残りのシンチグラフィーだけなら、外来で出来るとのことです。

昼飯を近くの居酒屋の和食食べ放題に行きます。
そこで入院中、何が辛かったかをえび柿に尋ねたところ、やっぱり
「がしゃんって上げられるの(檻を)...」
だそうです。
お話のできるお友達もまったくいなかったのも辛かったようです。
なので、これから検査入院が待ち受けているおかあさん達へ。

入院はお友達と一緒にしましょう。 (出来れば檻なしベッドで)

最後に「トイレ行きたくなったときはどうしたの?」と聞いたところ
「赤いボタン押すの。そうするとかんごふさんが来てくれるの」と
言っていたので関心しました。
それと、実際は朝必ずかんごふがトイレに連れて行っているようです。


【2006/11/11】 病気 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2006/11
今月の増加分:-94021
今までの増加:-389858

我が家はもうだめかもしれない...

今月のマイナスはえび柿の入園費15万でがっつり逝かれました。
それ考えればプラス6万ってところなので、決して無駄遣いが多いわけではないんですが。

普段の生活は申し分ないんですが、そもそも車で45万と入園費で15万と、
イベントの出費を収入でカバーしきれてないんですよね。はぁ。

とりあえず、今年の残りのイベントは引越しだけとなりました。
それまでに、このマイナスを少しでも減らさないとイケマセン。



【2006/11/24】 家計 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今月の屑株 2006/11
今月は以下の銘柄を購入

ユニコ・コーポレーション 5円で500株
SDホールディングス 4830円で1株
TTG 17円で100株

まず、ユニコ・コーポレーションは会社更生開始申立(≒倒産)ですので
完全に記念株です。
会社自体は存続しますが、100%減資(=株券は紙屑)は
免れないものと思われます。
ひでのふは5円で買いましたが終値は4円でした。
なーんで1円にならないのかが凄く不思議です...
ちなみにこの会社、今年の8月までは1株900円でしたので
たったの3ヶ月で株価が 1/200 になってることになりますね。

先月YOZANが 1/10 なるのも時間の問題と書きましたが
いまや 1/16 です。
屑株ってマジ底なしと思わせてくれるわけですが、結果的にナンピンとなった
TTGも2営業日で株価半減って凄すぎます。

最後にSDホールディングスですが、なんとこの会社優待があります。
(30単位からで、2単位ではもらえません)
石鹸が貰えるようです。
優待目当てでこの会社買う人いないんじゃないかと思いますが、
無茶苦茶高い石鹸代になることは間違いないでしょう。
同じぐらいのレンジで言えば、ちゃんぽん食べる方がまだましです。

続きを読む
【2006/11/27】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |