今月の屑株 2009/8
今月は以下の銘柄を購入

ベンチャーリンク を 19円 で 200株

最初は8月末で上場廃止の噂もあった総和地所を狙っていたんですが
9月になったとたんに圏外に~。まあそんなもんです。

代わりに買ったのがこのベンチャーリンク。
なんだか3ヶ月続けて似たような会社の株を買ってしまっています。
で、このベンチャーリンク。何を生業にしている会社かと言いますと

ぶっちゃけ、フランチャイズ詐欺の営業です。

あーそこそこ「ベンチャーリンク 詐欺」とかでぐぐらないように。

ベンチャーリンクのスキームと言うのは実はとてもよく出来ていまして

・中小企業の社長さんに「フランチャイズで一儲けしませんか」~と勧誘する。
・うまく騙せら乗ってくれれば儲けもの。

必要な設備、食器、加盟料、ロイヤリティからがっちょり中抜きします。

・素人が飲食店経営なんざやったってそう簡単にはうまく行かないので
ロイヤリティを支払う代わりにスーパーバイザーと言う先生役が
お店の指導をするわけですが、こんなのは

カネがかかるので放置します。

お店の指導は契約で謳われている義務なのですが
企業同士の契約なので、社長さんは弱者として扱われることはなく
仮に、契約違反を訴えても

ベンチャーリンク社の連戦連勝となっています。

・そして潰れてくれれば跡地を捨て値で買い取り、別の中小企業の社長さんへ~
もちろん居抜き店舗の販売システムも自社で保有~

とまあ、フランチャイズ店を
増やせば増やしただけ
フランチャイズ店が儲かろうが潰れようが確実に儲かる
とゆー、凄いスキームです。

中抜きされるのがイヤならば、直接フランチャイズ元と契約すればいい話なんですが、
ベンチャーリンク社に係わってしまうような情弱の社長さんでは
そこまでアタマが回らないってことなんでしょうか。
ちなみにフランチャイズ料の相場はせいぜい売り上げの3%程度なんですが
ベンチャーリンクを通すと6%程度になるそうです。

本来であれば営業マンを石炭の如く消費してフランチャイズを増やしまくり
会社としては儲かりまくりんぐ、株価もあがりまくりんぐとなるはずなんですが
さすがに阿漕なスキームだったせいか、フランチャイズ元から切られてしまいました。
まあこんだけ経営にインパクトのある内容なのに
ベンチャーリンク側はIR出してないのが何を言わんかや?
と言うことです。

現在は募集中の外食フランチャイズもたったの1ブランドとなってしまいました。

今後の見通しですが、フランチャイズ元とあれだけ困難なディールを纏めてきている
トップの営業力には目を見張るものがあります。
そして、ピカツー然り、エリアクエスト然り、営業力のある会社は
非業の限りを尽くしても、意外と潰れない
ようです。ただし、潰れる時は何の前触れもなくパッタリ逝っちゃいますが。

おそらくNISグループもこの辺りの潜在力を買ってグループに入れたのでしょう。
シナジー効果が得られるか?それともこのまま倒産か?
今のところはギャンブルとしか言いようがありませんが。


【2009/09/07】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あおぞら家族ベストヒット 2009/8
皆様ご承知の通り、残念ながら今回の衆議院選挙。公明党負けてしまいましたね。

合掌。

しかし、我らが聖教新聞ではその事には全く触れていませんでした。
ひでのふ的には一面トップの話題だと思うのですが、
少なくともWebで確認可能な一面では触れられていませんでした。

んー?誰よ大本営発表とか言ってるのは?

いや、聖教新聞は偉大なる池田先生の動向と、学会員の勝利のみを報じる
新聞だからそれでよいのです。

政治などという俗世の話題を知りたい人は、公明新聞を読めばよいのです。

ま、公明党は負けてしまいましたが、
幸いなことにご加護もあり、あおぞら家族ベストヒットは一周年を迎えました。
これからも目立たぬよう細々とやって行きますので一つよろしくおねがいします。

・2009年8月19日刊 聖教新聞より引用












続きを読む
【2009/09/10】 あおぞら家族 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
サマーランド tips
はにぃの日記にもあります通り、先週の日曜日サマーランドに行ってきました。

ご来場の皆さんはどうもリピーターばかり
我々サマーランド初心者には少々反省点の残るところとなってしまいましたので
次回に向けて tips をいくつか書いておこうかなと思いました。

ひでのふは東京都競馬の株主様なので、年に2回優待券が送られてきます。
ちなみに、大体評価損で5万円ぐらいやられてますので、

おひとりさまあたりいちまんにせんえんです。アイタタタタ


続きを読む
【2009/09/14】 旅・鉄道 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地下鉄乗り放題の旅
朝はそれほど早くもなく7時半に起こして出発。

はにぃにプチメロンパンを持たされたので、コドモに食べさせるべく
駅前のセブンイレブンでパックのジュースを買う。
ひでのふはプチメロンパンだけでは足りないので、メロンパンを買う。
すぐに来た渋い1000系で横浜へ。
横浜から青砥行きの特急に乗るが座れない。
コドモもひでのふも立ったままメロンパンをパクつく。

泉岳寺で下車し都営・メトロの1日切符を買う。大人1000円子供500円。
まずは東京タワーの水族館に行きたいと言うので御成門へ。
えび柿は自分の医者に向かう道のりなのでよく知っている。
御成門から歩いて東京タワーへ。
9時開店のところ9時過ぎには着いたわけだが、既に券売所には列が。
開いたばかりなので仕方あるまいと思った。
10分ほど並んでエレベーターで大展望台へ。
階段で行こうと思ったが、階段は10時からと言われおとなしく諦める。

大展望台も結構混雑していた。何故か有料望遠鏡は無くなっていた。
ぐるりと一周して下の階へ。
下は例の如く穴が開いていて、コドモがビビる。ついでにガイジンもビビる。
下に降りるのは階段で行くことにした。少し待たされたが一番乗りで降りる。
コドモも「階段が赤い」とはしゃいでいたが、階段を降りきる頃には
「足がガクガクする」とぼやいていた。

それから丁度時間となったので、水族館へ。
水族館はなんと展望台の入場料よりずっと高くてびっくりした。
入口で一日券を見せたら、サカナの消しゴムを貰えた。
内容は淡水魚が中心で、雑多としているが展示内容は濃い。
但し説明らしい説明はサカナの名前と値段しかないので、
コドモが行っても学習の足しになるようなことはまったくない。
独特の雰囲気があるのでカップル共にはとてもお勧めである。
せっかくえび柿が行きたいと行ったから連れて行ったのに
肝心の本人は足がガクガクでそれどころでないと言われむかつく。

御成門から春日へ行く。春日から延々と乗り換え通路を歩き
えびちゅが乗りたがっていた南北線へ。
豪華なホームドアにコドモが喜ぶ。
ここの乗り換えでひでのふの1日切符が早速壊れやがる。
南北線で王子に行き、最近出来たばかりの世界最短と思しき
モノレールに乗車。少し混んでいたが、一度見送っただけで乗れた。

登ったところにある飛鳥山公園でしばらくコドモを放牧する。
しばらく放牧の後、丁度昼時となったので園内の休憩所で昼飯を取る。
えびちゅはヤキソバを、えび柿は名物さくらうどんを食べさせる。
ヤキソバはよくあるソースヤキソバなのだが、さくらうどんは八重桜の
塩漬けがワンポイントってだけなのだが、汁が関東風でないのだ。
またモノレールで下に降り、南北線で飯田橋へ。
飯田橋から東西線に乗り換え中野へ。

中野ではデイリーチコのソフトクリームを食べるだけだ。
中野駅からのブロードウェイは凄い人出だ。
コドモは二人ともストロベリー。ひでのふは特大全部盛りだ。
コドモは小でも食べきらないので残りをひでのふが食べる。
ひでのふは昼飯をロクに食っていなかったので、丁度良かった。

折り返しで東西線で飯田橋で降りるつもりが九段下へ。
都営新宿線に乗り換え。九段下を通過する急行を見て、えびちゅが
「けいようせんだ!」と反応する。ちなみにえびちゅには
京王線も京葉線も京成線も総武線も全部けいようせんだ。
新宿線で新宿三丁目へ。丸の内線に乗り換え。
コドモはすでになかなかの疲れっぷりだったが、
地上に出たり地下に入ったりする路線をそれなりに堪能していた。
よって茗荷谷まで行ってから折り返す。

後楽園で降りて春日まで歩き大江戸線へ。
疲れ気味のコドモには「リニアモーターカー乗るぞ!準備はいいか!」
と焚き付ける。
ちなみにえび柿は「せまくてしょぼい」と言っていた。
上野御徒町まで行き、そこから銀座線で浅草へ。

浅草もこれまた凄い人出だった。
仲見世を歩いて浅草寺までたどり着くのやっとだったので
帰りは少し外れたところを歩いて駅に向かう。
途中団子屋でつかまり、ひでのふは三色花見団子を
コドモは海苔団子を食べる。
えびちゅは団子のコゲが苦いと言って半分以上残した。

銀座線で上野広小路で降りる。
帰りにアメ横でコドモには好きなお菓子をひとつづつ買い与える。
その隙に乾物屋でお好み焼き用の切りイカを買いに行くが
1キロ2000円と言われ、勘弁してもらった。
ちなみに切りイカ1キロは米3キロ分位の袋にパンパンの量だ。
結局乾物屋では謎のスルメボトルを買う。
最後に吉池によって素甘を求めるも、今の季節はおはぎ優先で
作っていないとのことで、ロールケーキを買って帰った。

帰りは銀座線で日本橋まで行き、浅草線から直通で横浜へ向かった。
続きを読む
【2009/09/21】 旅・鉄道 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2009/9
今月の増加分:-26543
今までの増加:347663
車の減価償却引当て:605000
内200000を引き出し、195000を東京都競馬に投資
内200000を引き出し、200000をFXに投資

先月示した予定通りカードの支払いで25万きっちり持っていかれました。
なのにこの程度マイナスで済んでいるのは、車検費用13万について
車の減価償却引当てを取り崩したためです。

車検費用のうち、6万は現金で払いましたが残りの7万は
来月のカード引落しとなります。
でもって来月もまた13万。
13万のうちには帰省で使ったガソリン代も含まれていますが。

今月は夜勤が少なかったせいか、週末ちまちまと遊びに出かけることが多く
レジャー代が少々かさんでしまったかもしれないです。

ちなみに医療費の還付は、来月に来る予定です。
【2009/09/23】 家計 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月の密林 2009/9
まだ書きかけです。

続きを読む
【2009/09/24】 アフィリエイト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
激安ビアガーデンに行ってみた
ビール大好きはにぃが前々からビアガーデンに行きたいと言っていたので
家族で行ってみました。

ここへ。

続きを読む
【2009/09/27】 旅・鉄道 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
川崎競輪 tips
持ち込み可
・生ビール500円。缶ビール400円。ジュース150円。
これはどこの売店でも同じようだ。
・基本的にアトラクション付きビヤガーデンとしては激安だが
コンビニよりは高めのレートなので、多少準備はしたほうがよいと感じた。
・売店毎に特色があり、どれがいくらとは一概には言えない。
・棒に塩きゅうりを挿しただけの代物もあるし、定食類からデザートまで、
B級グルメなら何でも、家族全員が満足できる品揃えを誇る。
・おでんはえび柿が食いすぎるほど上等で、
おむすびはその場でほかほかのご飯から握ってくれる。
・ひでのふが生ビール買った店は、生ビール500円モツ煮350円なのに
一緒に晩酌セットで買うと700円。お勧め。
・無料席は目の細かい金網越しに見るのでレースが見づらい。
かと言って冷房付きのバックスタンドは一人800円から。高けぇ~
メインスタンド一人300円だと売店が遠い~。
・競輪初心者は、恥ずかしがらずに入口入ってすぐ右の
案内所でいろいろ聞くのがいいかもしれない。
・競輪場発の無料バスの最終は、最終レース出走と同時
よってビアガーデンのつもりで行くなら第11Rが終わった後に帰る必要がある。

【2009/09/28】 旅・鉄道 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今月の屑株 2009/9
今月は以下の銘柄を売却

塩見HDを 57円 で 100株 +3900

今月は以下の銘柄を購入

ニッシン債権 を 2030円 で 2株

塩見HDはなぜ上がったのか全く見当がつきません。
よく見てみれば9/15に大型の第三者割当がありましたね...
吊り上げるだけ吊り上げて、爆弾を投下するいつものパターンが見え見えです。
運よく目標株価を突破してくれたので、これ以上チキンレースに
付き合う必要はないでしょう。

ニッシン債権はサービサーと呼ばれる会社です。平たく言えば
借金の取り立て屋
です。
いやさすがにカウカウファイナンスみたいな人達が経営しているわけではなく
法で定められたそれはそれは厳格な基準をクリアしないと
営業できないことになっています。

サービサーは踏み倒されそうな借金を金融機関から安く買い付け
なるべく額面の借金を返してもらうことで生業を立てています。
踏み倒されそうな借金の評価が命の商売なわけですが
基本的にはカタい商売です。

ではなぜそんなカタい商売をやってる会社が屑株として落ちぶれてしまったか?
答えは買い付けた借金の担保が不動産だったからです。
最新の有価証券報告書を見ますと、債権回収では30%以上のマージンを
得ているにも関わらず、不動産は実に買値の半額で叩き売られています。

ついでに財務にもふれてみますと債務超過寸前で
借金は減っているにも関わらず、短借が増えているのがポイントでしょうか。
要は銀行から貸し剥がしに遭っているとゆーことです。
また、
銀行からカネを借りる→債権を買う
とゆー仕組みなので、自己資本比率が低くなるのは当然なんですが
いくらなんでも1%台は低すぎです。
このあたりからも、経営陣が厳しい舵取りを強いられていることが
読み取れるかと思います。
とはいえ、この会社の香ばしい点はNISグループ企業である以上のことは
見当たりません。

今後の見通しですが、もうこれは不動産市況が回復するのを
じっくり待つしかありません。何年かかるかなぁ...
続きを読む
【2009/09/29】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |