今月の屑株 2012/7
今月は以下の銘柄を売却

プリヴェHDを 23円で 200株 +600

今月は以下の銘柄を購入

ワールド・ロジを 1870円で 2株

プリヴェHDの上場廃止は織り込み済みだったのですが
まさか勝って終わるとは予想外もいいとこでした。
買ってから一度40円を超えたことがあったときは
ここで売りたい気持ちがすごく強かったのですが
ルールなので、売らずにここまで持ち越しました。


ワールド・ロジは3PLの専業会社です。

3PLと言ってピンと来る人はまず居ないと思われるので、簡単に説明すると
・3PLは Third party logistics の略です。
・自分では倉庫やトラックは持たないけれど、物流の設計や手配を請け負う。
・3PL発祥の地メリケンでは、物流の7割に何らかの形で関わっている。

まあ、物流のコンサルとか、コーディネーターみたいなものです。

で、ビジネス用語には「タイムマシン経営」とゆーコトバがあり、

メリケンから最新ビジネスモデルを輸入 → 日本で展開

とゆー髪の毛の薄い人を筆頭として、一時期とっても持て囃された経営法なんですが
3PLもその一つと言えるかも知れません。
ちなみに3PL。調べてみるとエンジニア的にはとっても興味深い業態なのですが
本題とはかけ離れた話題が展開されそうなので割愛します。

で、その3PLをいち早く専業として取り入れたワールド・ロジですが

いまは3PL業務を止めただの口入屋になりましたw

そんなワールド・ロジの転機になったのは2009年度でしょう。

特別損失が見込まれるとしながら、配当を1割増やしたのが2008年8月14日
そして同日に発表した来期の配当予想にも似たような金額を示していました。
来期も売上256億の純益0.8億の予想でした。

が、しかし!その後は業績予想の修正に次ぐ修正で、フタを開けてみれば

売上164億で純益はなんとマイナス38億円

理由は巨額をつぎ込んで建設した延べ床面積は約1万2千坪のGREENCUBEが
ものの見事にコケたからですw

本来であれば、このGREENCUBEに
通販ショップにバンバン入居してもらった上、バンバン荷物を発送してもらい
最新のビジネスモデルで二重で儲かって笑いが止まらない状況になる。

はずだったのですが...正直コケた理由ははっきり調べがつきませんでした。

ちなみに、Amazonは似たような立地の堺FCだけでも2万坪です。
まあ、カネの掛けかたがちとばかし足りなかったのかも知れません。

さらにその後も赤字を出し続け、縮小傾向は一向にとどまる様子がありません。
もちろん債務超過で上場廃止にリーチがかかってます。

今後の予想ですが、口入屋になってはみたものの、単なる延命策と見ます。

おそらくこのまま縮小傾向は止めることはできず、たとえ今後黒字化しても、
上場コストが重くのしかかり上場廃止は避けられないと考えます。
まあ、裏口上場にはもってこいの銘柄とも言えなくもないので
そーいった人たちに目を付けられれば、一瞬花火が上がる可能性が
無いとは言い切れないと言った感じです。

ま、他力本願もいいところなので、バクチですね。


続きに議決権行使助言サービスを無料で提供しています。

続きを読む
【2012/08/08】 屑株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あおぞら家族ベストヒット 2012/7
・2012年7月17日刊 聖教新聞より引用

20120717.jpg











続きを読む
【2012/08/09】 あおぞら家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今月の密林 2012/8
今月はアフタヌーンだけですw

お金が無いわけじゃないけどほすぃものがないっつーか...

続きを読む
【2012/08/20】 アフィリエイト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
我が家の家計 2012/8
今月の増加分:-20322
今までの増加:138095
車の減価償却引当て:240000
内80000を引き出し、80000 を東京電力に投資(平均180.5)

今月は帰省がありましたが、結局ひでのふはお供しませんでした。
今月の赤字は先月の時点で覚悟完了だったのですが
ひでのふ抜きで帰省しなくてはならないはにぃのために
少しばかり小遣いを渡したので赤字になってしまった格好になりました。
まあ、所詮家庭内での振り替えに過ぎないんですがね。

はにぃがいない間心配された昼食費も、愛妻弁当から愛母弁当に
切り替えたので、あまりかかりませんでした。

来月のカードの引き落としは、帰省の新幹線代で10万円あるのですが
それを除けば実質3万円台と、自分がびっくりするぐらい使ってませんでしたw

あと、先月からはにぃへの生活費を1万円増額しました。
でもこの程度の増額は消費税引き上げでチャラになっちまうと思うと
なんかやりきれない思いがします。

来月は多分地デジ用のアンテナ関連で、ぼちぼち物入りになりそうです。
そして明日から家族で草津へ一泊ドライブだ~

【2012/08/24】 家計 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
思い出し旅行記 草津温泉一泊二日 8/25
朝は、えび柿のエレクトーンのレッスンが終わったあと、教室の近くで拾うため
かなりゆっくり目に出る。でもはにぃは相変わらずこの辺の時間にルーズなので
結局給油もできなかったし、えび柿を路上で5分待たせてしまった。

それでも、無事えび柿を拾い、まずは教室近くのスタンドで給油。
それから横浜西口ICから首都高に乗り、群馬県の富岡を目指す。
首都高と外環は順調だったが、案の定関越の鶴ヶ島で捕まる。
高坂SAで小休止した後、それ以外はスイスイと進む。
昼飯は高坂SAでおにぎりかなんかを買って、それ以外は持参のポテチで誤魔化す。

上信越道の富岡ICで降りて世界遺産(予定)の富岡製糸場へ。
駐車場は少し離れた場所にあるのだが、そこから歩いて向かう。
意外と観光地としての富岡製糸場は力を入れられていて
少しではあるが門前町さながらの様相が現れはじめていた。
どの店でも世界遺産の号外が配られていて、地元の期待が大きいことが伺える。
まあ、緑化公園と銘打たれ「ごゆっくりお休み下さい」と書かれた看板のあった
空き地は、本当に草ぼうぼうで休めるような場所では無かったが。
こう言った細かい部分のホスピタリティはこれから向上していくのだろうと思う。

富岡製糸場は入場料が大人一人500円と、意外と高かったw
それでもボランティアガイドのおじいちゃんがしっかりとガイドしてくれる。
こんだけ高い入場料取ってるなら、ボランティアじゃなくて
ちゃんと給料払ってやれよと思わずに居られないレベルの高いものであった。

単に何の案内もなく富岡製糸場を見学したのであれば、ただのレトロな建物にしか
見えないが細かい部分の工夫や差異を確認するのはとても勉強になる。
コドモはあまり案内には興味がないようで、ろくすっぽ聞いていなかったが。

ガイドが終わったあとは、室内展示を観察し、はにぃはだいずと涼みに、えび柿は
お土産屋の後でビデオ鑑賞に、えびちゅとひでのふは奥のほうへ探検に進む。
ひでのふは歩きがてらえびちゅにガイドのおじいちゃんから聞いた話を
噛み砕いて話してやり、特に工場の煙突は蒸気エンジンを動かすためのものだと
理解すると、強く興味を持って貰えたのはうれしい。
それと、横浜は生糸貿易で栄えた港町であり、ここで作られた生糸が横浜から輸出され
そうして財を成した人が三渓園を作ったんだよと話をすると、
はにぃが興味を示してくれた。
それからひでのふも、場内に掲示されている「禁煙」と書かれたタイルがなんか渋くて
売ってないかなとお土産屋を見て回るも、残念ながら売っていなかった。
えび柿もビデオ鑑賞にすっかり嵌っており、引き剥がすのに少し苦労した。

だいずがそろそろ限界なのでクルマに戻る。途中コドモは駄菓子屋に引っかかり
ビンのコーラとウーロン茶をそれぞれ飲む。
しかしビンのコーラはなんであんなに美味しいんだろうねぇ。

それからちょっと離れた場所にある上州富岡駅へ。えびちゅとは一昨年の5月に
来たはずなのだが、やっぱり覚えてはいなかった。クルマを止める場所が無く
クルマを降りて駅周辺を見て回れなかったのが残念。

それから本日の宿へ向かう。富岡から草津まで一般道をショートカットするコースを
ナビが示したため、それを信じてすすんだ。
途中国道405号の山道で「段差減速帯」なるアトラクションで
車内はジェットコースターに。コドモもはにぃも大はしゃぎである。
草津手前のメロディーロードも良く聞こえて面白かった。

宿につくなりはにぃとコドモはまずひとっぷろ浴びに行った。
飯は串揚げを中心になかなか豪華なメニュー。
幼児用の食事の用意だったえびちゅには串揚げが付かなかったが
適当にシェアして食べる。ビールが良く合うねぇ。
他の宿泊客も家族グループばかりで気兼ねがいらないのは助かる。
飯を食ったあとは、だいずが隣のご夫婦に笑顔を振りまきに行った。

飯を食ってからは散歩がてら湯畑へ向かう。
草津温泉のゆるキャラが踊っていて、夜もなかなかの盛況ぶりである。
とりあえず湯畑をぐるっと一周する。
ひでのふは近所の酒屋で地元産のブルーベリージュースを呷り
はにぃも軽井沢ビールを買って、ひでのふと半分づつ飲んだ。
帰りコドモがどーしても射的をやりたいと言うのでやらせてやる。
どーせ何も取れずに帰ってくるだろうと思っていたが、
磁石ダーツセットを勝ち取って帰ってきた。

帰りは草津は坂の多い町であり、かなりキツイ上り坂をえっちらおっちら
登ってどうにか宿に戻った。
そしてめいめい風呂に入ってから寝る。
草津は標高が高いので、エアコンをつけなくても網戸にしておくだけで
ちょっと寒いくらいで心地よく眠りに付くことができた。

【2012/08/28】 家族小旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思い出し旅行記 草津温泉一泊二日 8/26
朝はペンションの朝飯コールとともに起こされる。
朝飯も品数が多くレベルも高い。まあ、ペンションなのに和食だけど。
9時過ぎにはチェックアウトし、湯畑のすぐ近くの駐車場に車を移動する。
まだ朝早かったので駐車することができた。

最初にまず湯揉みショーを見に行く。丁度臨時の9時半からの回に間に合う。
それどころか一つ前のお客さんから割引券を押し付けられ
運良く割引料金で入ることができた。
ショー開始ぎりぎりだったので2階席に向かう。
湯揉みショーでは、かの有名な草津節をこれでもかと聞かされる。
クライマックスでは、おばちゃんがお湯をざっぱんざっぱんかき回すのは迫力がある。
それよりも一番の見所は、手軽に自分で湯揉みが体験できるところだろう。
2階に居たので最初の湯揉み体験に出遅れてしまったが、次の湯揉み体験をするべく
えびちゅがさっと立ち上がって湯揉み体験の列に並んだ。
ショーが終わってからは、はにぃと
どーせなら若い女の子がやればいいのにね
と、経営談義をすることも忘れない。

次は西の河原公園通りのお土産屋さんを冷やかしに行く。
まずはテディベア屋でえび柿が捕まる。しかし、お土産屋もチェーン化が
進んでいてどこの観光地も代わり映えしない店が多いのは残念だ。
さらに暫く進んだ所のまんじゅう屋で捕まる。凄い勢いで試食を勧めていて
はにぃはお茶まで貰っていたがそこでは何も買わなかった。
次にえび柿がガラス工芸屋で捕まるが、ここでも結局何も買わず。
酒屋の自販機でジュースを買い、佃煮屋のネコをなでたらもう西の河原公園についた。

西の河原公園を流れる川が暖かいのにまずビビる。
しかし湧き出る清水は冷たく、美味しい。
えび柿は河原で足湯と洒落込み、えびちゅは温泉の滝の横をわしわしと登る。
はにぃはその間、東屋でだいずにパイを飲ませ、ひでのふはパイ隠し役を務める。
周りはどういうわけだかおばちゃんばかりで助かった。
帰りに茶屋でえびちゅがカキ氷を食べていた。
はにぃはお土産として佃煮をいくつか買い、えび柿は先ほどのテディベア屋で
アクセサリーを買い、ひでのふははちみつソフトを食べた。
それと煎餅屋で、えび柿は量は少ないがハート型の煎餅を買い
えびちゅは割れ煎を買っていた。この辺も男女の差が見て取れる。
えびちゅはさらに、ガラス工芸屋で売られていた温泉玉子を啜る。
朝ご飯にはえびちゅ以外の全員に温泉玉子が付いていたので
自分も食べたくなったと言う事である。

駐車場からクルマを出して、次は品木ダムの水質管理所に向かう。
ここでは橋を跨いで河の色が変わるところが見られればそれでいいやと思っていたが
なんでも百年石の工作をやっていて、品質管理所のおじさんが対応してくれた。
同じ物がペンションの入口にも飾ってあり、どうやって作ったのかちょっと
不思議だったのだが、なるほどここで作ったものなのかと理解した。

えび柿はもうこの手の工作は手馴れたもので、なかなかキレイに仕上げて行く。
一方のえびちゅは開始早々筆による書き込みを諦め、指で直接塗っていくw
そしてこの間、はにぃにだいずの面倒を一手に引き受けさせたのは気が引けた。
えびちゅは手がペンキだらけで大変なことになったのだが、
シンナーと酸性温泉のダブル攻撃でなんとかキレイにすることができた。
百年石はこの後何日か温泉に漬けて、後日わざわざ宅急便で配達してくれるそう。
これが全部税金で賄われていると思うと、ちょっと気が引ける。
一応この品質管理工場の役割だのなんだのをコドモに説明するが
えび姉よりもえびちゅの方が興味深く聞いてくれた。

さらにクルマを動かして、品木ダム本体に向かうがここはクレーンを見ただけで
それほど見所があるわけではなかった。
それからさらに白根山に向かうか、ちんたら帰るかをはにぃに相談し
色々寄りながら帰ることにした。

温泉街でそれなりに買い食いをしていたのであまり腹は減っていなかったので
暫く走ったところにある八つ場の蕎麦屋に寄るが、そばが売り切れとのことで
ひでのふがトイレだけ借りてさっさと店を後にする。
あと、この辺りのガソリンスタンドが日曜休みのところが多く、ちょっとあせる。
たまたま開いていた農協系のスタンドで思ったより安く給油できたのは幸運だった。

さらに進み、東吾妻の味の民話と言う店でそばを食うことに。
完全に昼飯の時間帯を外れていて、やってるのかやってないのか不安で
店に入ると冷房も入っていない有様だったが、問題はなかった。
この辺りは蕎麦屋が多く、草津ですら競争が激しいようで値段も割安だ。
手打ちのうどんとそばなので出てくるまでに時間がかかったが
出てきたものはなかなか本格的だった。

その後は渋川を目指し、途中の伊香保の近くにあったグリーン牧場に寄る。
もう閉店間近で当然中には入れなかったが、売店で牛乳を大瓶で買い
紙コップを貰ってその場でみんなで飲みまくる。

渋川伊香保IC付近ではすでに渋滞していたので、一般道で前橋ICまで行く。
おかげで高崎まではスイスイだったが、その後は鶴ヶ島まで50km近く
渋滞を進む破目に陥る。コドモはすっかり飽きてきたが、
野沢直子のCDをかけてやって無理矢理テンションを上げてみたりする。

鶴ヶ島でナビで経路検索をすると、首都高より環八経由の方が早いと
でたので練馬で降りて第三京浜で帰路に付く。
時間があまり無かったので、途中環八のマクドナルドのドライブスルーで
みんなで適当にハンバーガーを摘んだ。


【2012/08/29】 家族小旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結局首都高の電波障害はどーなったのか?
このエントリは、このエントリの後日談となります。

▼ まずは結論から
・わが地域における首都高が原因の電波障害は解決される。

続きを読む
【2012/08/30】 所信 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |