Windows7 ユーザプロファイルの移動覚書き
Windows7 でユーザプロファイルのドライブを変更するときの覚書き。
検索しても上手く出ないので。

これはシステムドライブをSSD化したときに、
SSDへの書き込みを最低限にするために行う手順であるが
この手順でユーザプロファイルを全部SSD以外に移し変えてしまうと
速度向上の恩恵が十分に受けられず、何のためにSSD化したのか
わからなくなる危険もあるので
まーそのへんも含めてこの手順を実施するかどうか考えてほすぃ。

※注意:自分が何をしているのか判らない人は、以下の手順を実行しないこと。

1.Administrator 権限のあるユーザでログイン

2. フォルダー E:\Users を作成する。
→ ひでのふのあたらすぃぱすこんはEドライブ。
→ 他の人はDドライブだったりすることもよくあるので注意。

3.regeditで
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList
にあるProfilesDirectoryの値を、
「%SystemDrive%\Users」から「E:\Users」に変更する。

4.新規ユーザーを作成する。
→ 権限は一般/管理者どちらでもよい。

5.一旦Administrator権限のユーザからログオフ。

6.新規ユーザでログオンする。この時点でE:\Users配下に
新規ユーザのユーザプロファイルが作成される。

7.セーフモードで再起動する。
→ F8 連打で上手く行かないときは、コマンドラインから msconfig を起動し
→ 「ブート」タブから「セーフモード」を選択し、再起動。

8.Administrator 権限あるユーザでログインし、
コマンドプロンプトでジャンクションを作成する。

→ mklink /J C:\Users\[新規ユーザ名] D:\Users\[新規ユーザ名]

9.regedit で
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList
にあるProfilesDirectoryの値を、
「E:\Users」から「%SystemDrive%\Users」に変更する。

10.再起動する。

これによって一見、C:\Usersにプロファイルがあるようだが物理的にはE:\Users以下にある状態となる。ようだ。

参考:Windows 7 (RC版)でユーザプロファイルをCドライブ以外に置きたい [Windows]

【2012/10/27】 技術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |