思い出し旅行記 オリゼーとマンミャー 準備編その1
→ 行き先
いい具合に休みが取れたので、マンミャーのラングーンからタイのバンコクまで
陸路踏破を目論んでいます。

地図ではこんな感じのルート。

myan1.jpg










去年の8月、ついにマンミャー-タイ間の陸路国境が外国人にも解放されました。
マンミャー移民省の公式発表
日本語でこれらの陸路国境の通過をしたとゆー報告はほとんど見当たらず
#英語だと結構ある。
今回通過を目論む Htee Kee - Punaron の国境に関しては皆無と言えます。

ちなみに、それぞれの国境には下記のよーな特徴があります。

a) Tachilek - Maisai
前にひでのふも行ったことのある国境。一番メジャーだけどとんでもない田舎にあるw

b) Myawaddy - Mesok
タイ国内からラングーンに一番近い国境。
ただし、ミャワディに至るまでの道が隔日一方通行とゆーすんげえ道らしい。

c) Htee Kee - Phunaron
マンミャー国内からバンコクに一番近い国境。
東南アジアと横断し、インド洋と南シナ海を結ぶ高速道路を絶賛建設中。
いわゆるスリーパゴタパスとは別物ですw
#スリーパゴタパスは今回の解放対象外。

今回はこのルートを使って国境を越えます。

d) Kawthoung - Ranong
タイ南部にある国境。解放前から kawthoung はタイ人の観光地として有名らしい。
バンコクからもラングーンからも凄く遠いw

本当は、マンダレー→シーポー→タチレクと移動したいところだったのですが
何をどう調べても
シーポー-タチレク間が陸路だとかなりの無理ゲー
とゆーことが判明したので、諦めることにしました。

その代わり、今回はマンミャーで一番の観光地とも言える
ゴールデンロックを見てくることにします!

前回のインドでは鉄分0だったのですが
今回はラングーン-モールメイン間で列車に乗る予定です。
本当はモールメインからも先に列車は走っているのですが
ちょっと時間が悪いのでパスすることにしました。


続きを読む
【2014/01/20】 オリゼーとマンミャー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |