あぶない国を比較してみる
そろそろ旅の虫がうづきはじめていて、再来月あたりどっかいこーかなーと思っている
わけですが、あんまり普通のところに行っても面白くもなんともないわけです。

とりあえず、海外安全ホームページで国土全体がマッカッカな国をリストアップして
行くにはどんなもんかなと検討してみました。

結論としては、一般的には以下の2点が言えるのではないかと思いました。
・定期航空便が飛んでいない国に行くのは自殺行為。
・治安悪化が原因で日本大使館が閉鎖されている国には行くべきではない。

※ 当然ですが、ひでのふが該当国への渡航を推奨してるわけではありません。

リストは現時点(2015年2月)で行ってもいいかなーと思う順番です。

▼ イエメン
・定期航空便が就航している。
・在イエメン日本大使館は営業中。
・観光客受け入れキャンペーン中。

ここのリストに上がった国の中では、唯一行ってもいーかなーと思う国。
どっちにしろ発展途上国に付き物のリスクからは逃れられないんだろうし。

▼ 南スーダン
・定期航空便が就航している。
・在イエメン日本大使館は営業中。

できたばっかりの国なのでまだ混乱が続いているって印象です。
それでも、日本大使館があるって言うのは相当心強いです。

▼ アフガニスタン
・定期航空便が就航している。
・在アフガニスタン日本大使館は営業中。
・在東京アフガニスタン大使館に一応観光案内があるw

まさか大使館で観光案内を見つけるとはねw
カンダハルとか行って平気なら行っちゃうよ?
とは言え、そもそも外国人を敵視する人が多い国柄なので無事に帰ってこれるとは
とても思えないけれどね。

▼ ソマリア
・定期航空便が就航している。
・在ソマリア日本大使館は閉鎖されている。

情報が少なすぎて、今どうなのか良くワカランとゆーのが本当のところ。

▼ リビア
・定期航空便が就航している。
・在リビア日本大使館が一時撤退している。

一応首都は政権が抑えられているよーですが
どっちにしろ戦国状態なのは間違いないw

そりゃ、外国人を見つけたらとりあえず攫っとけって感じなんでしょうw

▼ 中央アフリカ
・定期航空便が就航しているが、おそらく空港外には出れまい。
・在中央アフリカ日本大使館は廃止されている。

日本じゃあまり状況は知られてないようですが、絶賛革命中ですw
それでも首都の空港だけはフランス軍が抑えていて、一応定期航空便も飛んでいますが
このパターンでは、切符は買えてもおそらく空港の外には出してもらえないはず。

まあ、行ったところでつまらない結果に終わりそうです。

▼ シリア
・定期航空便が就航を取り止めている。
・在シリア日本大使館が一時撤退している。

シリアの状況については日本国民の皆様の周知のとおりですが
その前に普通に入国するルートが一切ないですw

ひでのふなら、入国を試みる時点で自殺行為と判断するかなw

【2015/02/09】 所信 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<杉本祐一氏はシリアに行くべきだ | ホーム | 不動産屋とは何なのか?>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1133-cc3d55ae
| ホーム |