思い出し旅行記 オリゼーとアルバニア 準備編
→ 行き先

今回はモンテネグロのポドゴリツァからギリシャのアテネまで
アルバニア縦断の旅を敢行しますw
もう一泊あればなあ...的旅程なんですが、サラリーマンだからしかたがないねw

地図ではこんな感じのルート。

albania_overview.jpg










かなりわかりにくいんですが、
ポドゴリツァ→シュコダル→ブローラ→リブラジド→ベラト→ジロカスタル→アテネ
って感じです。途中
・シュコダルからドュレスを経由してブローラ
・ブローラからリブラジド
は列車を利用する予定です。

ベラトとジロカスタルは世界遺産にも登録されている素晴らしい街並みだそーで。

周りに「今度アルバニアに行ってくるよ!」って言うと、たいがい
アルバニア? それどこよ?
って聞かれちゃうので、簡単に説明すると...

・欧州の北朝鮮
 → 第二次世界大戦後独立し、共産主義国家として歩み始めたアルバニア。
 → しかし、ソヴィエトの傀儡になるわけでもなく、独自の政策を取り出します。
 → その政策の一つが鎖国政策。簡単に日本人の行ける場所ではありませんでした。
 → 常に他国と緊張関係にあったので、国土のあらゆる場所に当時の名残である
 トーチカが残されています。

・経済自由化後国民の半数がねずみ講で破産w
 → ソヴィエト崩壊後の経済自由化はアルバニアを混乱の渦に巻き込みます。
 → 政府の無能もあったようなのですが、国民の半数がねずみ講で破産しました。
 → そして極めつけはこれが原因でアルバニア内戦に突入w

・欧州最貧国
 → そんなバカばっかりの国なので、経済はあまり思わしくありませんでした。
 → 主な産業はアルバニアンマフィアによる麻薬の流通と人身売買。
 → 鉄道網もそれに相応しい荒廃っぷりで、
 かつて存在した首都ティラナへの路線がありませんw
 → 本数も国土全体で1日12本w 全線乗り潰すのに2日あれば行けそうです。

・欧州唯一のイスラム国家
 → 国民の80%がイスラム教徒の国家なのですが、名産品にワインや蒸留酒もあるので
 言うほど戒律が厳格に適用されているわけではなさそうです。
 → と、割と世俗的なので、トルコに近い印象。

どう? みんな行きたくなったんじゃないw
※ 当たり前ですが、かなり誇張がありますよw

→ ヒコーキ
とにかく一番の問題だったのが、ポドゴリツァに行くヒコーキが極端に少ないこと。
仮にも欧州の国の首都だよ?
それが1日10便ぐらいしかヒコーキが来ないってどーよ?
個人的にはモンテネグロからアテネに行くのが無いってのに驚きましたw

色々探して一番安かったのが、カタール航空+エアセルビア。
ただこれだと、行きがドーハ、ソフィア、ベオグラードで乗換えとゆー凄いルートで
かつポドゴリツァ着が夜になっちゃうのでパス。
で、結局トルコ航空に。一番まともな選択肢ですが、最安値との差額は7000円ぐらい。
これなら当日中にシュコドラまで行くのも無理はなさそうです。

今回はいつもの Yahoo! ではあんまり良い券がでてこなくて
旅行サイトで探して一番安かったのが Expedia。次は Expedia でも検索しようw

で、Expedia で出てきたのも PEX だったので、
値段の変わらないトルコ航空のサイトで直接購入。
直で買うと座席指定とかミールとかが好きに指定できるのが好きだw
残念ながら JCBでは決済できなかったけど。
トルコ航空は機内販売扱わなくなっちゃったのが残念かな。

トルコ航空も全日空と同じスターアライアンスのメンバーなのでマイルが貯まるw
6000マイルは結構大きいぞ!

→ ビザ
経由地であるトルコ、モンテネグロ、アルバニア、ギリシャ
日本人観光客はすべてノービザでOKです。

→ ホテル

今回は booking.com で2件抑えました。ANA のバナー経由だと
booking.com の予約でマイルが貯まるのに気が付いたのはもちろん予約完了後w
いや、キャンセルしてもいいんだけどこの手のサイトは
キャンセルに絡むトラブルが非常に多いので...

ちなみにどこも一泊30オイロ程度で探しています。

▼ シュコドラ:HOTEL Bicaj
 ・翌朝の出発が早いのでなるべく駅近のホテルを選択。
 ・予約サイトで対応しているところは無いようなので、宿にメール送付。
 ・連絡はまだない。なんかずっとなさそう...これは飛び込みの予感w

▼ ヴローラ:HOTEL Martini
 ・これも翌朝の出発が早いのでなるべく駅近のホテルを選択。
 ・booking.com 経由で予約。
 
▼ ベラト:Nonaj House
 ・予約サイトも何もなく、連絡先さえわからないので飛び込みの予定w
 ・まー。近所に似たようなホテルはたくさんあるみたいだし。

▼ ジロカスタル:Kotoni House
 ・Booking.com 経由でも行けるみたいだけど、ここはあえて自営サイト経由で予約。
 ・連絡はまだない。

▼ アテネ:Anristoteles Hotel
 ・アテネはあんまり安い宿はかなりキツいらしいので...
 ・Booking.com 経由で予約。それでも30オイロだから許容範囲だな。

続きにアフィリ載せてます。


Lonely Planet Southeastern Europe (Travel Guide)Lonely Planet Southeastern Europe (Travel Guide)
(2013/09/01)
Lonely Planet、Marika McAdam 他

商品詳細を見る


ロンプラだと今回の旅程の国を全部含んでるのがポイントかな。
まー、ほとんどお守りって感じだけどねw

【2015/03/13】 オリゼーとアルバニア | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<あおぞら家族ベストヒット 2015/2 | ホーム | NASを作る その4 RAID と Wake on Lan の設定>>
コメント
意外と外務省安全ホームページ見ても
危険じゃなかったですね

ここはひとつハメを外すしか。。
【2015/03/16 23:02】 URL | くろっぴ #-[ 編集] | page top↑
> ここはひとつハメを外すしか。。
ハメを外す場所もない田舎ばっかりなんだなこれがw

電車通ってないので、首都のティラナにもいかないし。
アルバニアワインで酔っぱらう程度がせいぜいってところですw
【2015/03/17 12:25】 URL | ひでのふ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1142-abab9c93
| ホーム |