NASを作る その6 マザボを筐体に取り付ける
【マザボを出す】

マザボを筐体のどこに出すか?とゆーのはさんざん考えてみたのですが
結局、色々と現物合わせで確認してみて、EISAボードの開口部に出すことにしました。

【道具と材料】

▼ 材料
 ・マザボ用のステー。元々マザボに同梱されていたもの。
 ・PC用のブランクパネルを4枚。
 ・ブラインドリベットを適量。
 ・25mm のスペーサーと、ボルトとワッシャのセット。

▼ 道具
 ・インパクトドリル。
 ・金工用のヤスリ。
 ・金工用ドリル 3mmφと 4mmφ
 ・ブラインドリベッター
 ・小型リューターと切断砥石。

【作業内容】

EISA ボードの開口部をジスクグラインダで切り、
マザボ用のステーと開口部の抑え用の薄板をリューターで切ります。

CIMG4443.jpg









もうこの辺は現物合わせもいいところですw

で、実際に筐体に組み込むとこんな感じ...

CIMG4446.jpg









マウスとキーボードのPS2 コネクタと、VGA は潰れちゃったんですが
マウスとキーボードはUSBで代用が効くし
VGAもHDMIで代用が効くので問題は無いです。

残りのEISA ボードの開口部は、
PC用のブランクパネルを良い感じに加工して塞ぎました。

ただ、このままだとマザボ用ステーの取り付けが不安定なので
一番小さいブラインドリベットでPC用のブランクパネルと繋げました。

で、マザボは 25mm 長のスペーサーを使って高さを合わせてやりました。
1~2mm 程度の誤差であれば、プラスチックのワッシャで調整が効きました。

【2015/11/26】 NAS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<NASを作る その7 ディスクトレイを作る | ホーム | NASを作る その5 電源用のステーを作る>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1226-7dab6a91
| ホーム |