旅先で貴重品を無くしたらどうするべきなのかを考えてみた
今回ついに貴重品盗難とゆーポカをやってしまったので
備忘録も兼ねてそうした時にどうすればいいのかをまとめてみました。

▼ 事前にやっておくべきこと

絶対やってはいけないのは「貴重品入れに貴重品を全部入れておくこと」です。

貴重品を分類すると...

1.帰国まで不要なもの
→ 日本国内移動用の定期券、日本円現金、緊急用の外貨、クレジットカード

2.身分証明時に必要になるもの
→ パスポート

3.支払い時に必要になるもの
→ 現地外貨、クレジットカード

と、それぞれに必要となるシーンが異なることがわかります。

つまり、これらを一つの容れ物に入れておくことは非合理的なので
「1.帰国まで不要なもの」は一番大きなカバンの一番奥底に眠らせておき
身分証明が必要な時だけ、パスポートだけを取り出すようにし、
支払い時に必要になる貴重品を無くしてもある程度リカバリーが効くように
しておくことが肝要だと思います。

▼ 現地でやるべきこと

1.クレジットカードを止める
→ 不正使用による被害防止よりも、紛失の宣言の色合いの方が強いです。
→ 後日スムーズな再発行を望むなら、まず最初にやるべきだと思います。
→ 一番簡単なのは、国内の知人に連絡してカードを止めてもらうことです。
ひでのふは、はにぃに予めカード番号と停止時の連絡先を手渡していたので
非常にスムーズに事が運びました。

2.警察に行ってレポートを貰う
→ これが無いとパスポートの再発行もできないし、保険も下りません!
→ カード会社によっては、必ず警察からレポートを貰ってくださいと言われます。
→ 警察署の場所を探すのが面倒だけど...しかたないなw
→ 警察によっては、レポート発行料金(賄賂?)を要求されることもあるようです。

3.保険会社に連絡する
→ あらゆるものをいっぺんに無くしてどうにもならなくなったら
まずはどうにかして保険会社に連絡した方が良いでしょう。
おそらく、ここに書いてあることは全て教えてくれると思います。
→ 手持ちのケータイに、保険会社の連絡先を入れておくのは良い考えです。

4.現金を入手する
→ ひでのふの場合は
 ・ポッケに十分な現金があった。
 ・鞄の奥底に緊急用資金と国際キャッシュカードがあった。
 ・パスポートも手にあった。
ので、あまり問題にならなかったのですが、Western Union で送金ができることは
事前の国内の知人に伝えておきましょう。
※ セブンイレブンからの送金は、事前にセブン銀行の口座開設が必要です。
急ぎの時なら大黒屋かな...

5.帰国のための渡航書を入手する
→ 上記の警察のレポートが無いと渡航書は絶対に発行されません!
→ 渡航書の発行にも現金が無いとダメです!
→ 早ければ当日か翌日には発行されるようです。
→ ただし、マカオのように大使館/領事館の無い国は、大使館/領事館の
ある場所まで移動するための許可が土日は貰えないような国もあるようです。
→ 行く場所によってパスポートを失くした時にどこに行けばいいのか、
事前に調べておくのは悪くないと思います。

6.帰国便の延長を交渉する
→ ダメ元で交渉してみましょう。ドタキャンでは絶対に救済されません!

▼ 帰国してからすること

1.クレジットカードの再発行
→ JCB は本人が電話で再発行を依頼するのが一番早いようです。
→ 概ね2週間程度かかると思っていて間違いないようです...長い...

2.定期券の再発行
→ 定期券の発売所まで行かなくても、最寄りの駅事務所でやってもらえますw
→ ただし、当日持ち帰れるわけではなく、翌日になります。
→ 再発行を受け付けた駅以外でも受け取りはできるみたいですが、
路線を跨いだりしても大丈夫なのかは試していません...

3.保険の請求
単純な紛失では保険はおりません。
→ 実は、パスポートを失くした時に掛かる費用(在外公館への交通費、宿泊費等)は
保険が効くんだそうです。
→ 現金、クレジットカードの不正利用、パスポートの再発行費用は保障されません。
→ それ以外のバッグ、財布等の高額商品に関しては保障されますが
「同等品再取得費用」か「盗難時の時価」かは保険によって異なるようです。
→ 警察のレポートは絶対に必要です。被害にあったものを買ったときの領収書は
あると保険がスムーズに下りるようです。
→ 金額が小さければ、おそらく1週間程度で振り込まれるようです。

4.パスポートの再発行
→ そいやー前にこれはやってたな...

▼ 現金とパスポートをいっぺんに無くしたらどうすればいいのか

→ 現金が無い:パスポートを取りに大使館に行くことができない。
→ パスポートが無い:現金を入手するための身分証明書が無い。
と、思いっきり詰んだ状態になります。
#そうならないために「貴重品入れに貴重品を全部入れておくこと」は避ける。

自分はそうなった訳ではないので、これはシミュレーションなのですが
まずは、チェックアウトしたホテル/チェックインするホテルの
どっちか近い方に行きます。可能ならチェックアウトしたホテルの方が良いです。
逆にチェックインするホテルには予約が無いと厳しいかもしれません。
そして、ホテルの人の名義を借りて送金をしてもらうことになると思います。

何れにせよ、コトバが通じないと厳しい物があると思いますが
そこは気合でなんとするしかないと思います。

【2017/03/21】 旅・鉄道 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今月の密林 2017/3 | ホーム | 思い出し旅行記 オリゼーとハロン湾 3/5 急いで日本に帰るの巻>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1350-1db3708a
| ホーム |