Revel埋立:Revel のページと静的 HTML を共存させる。
go言語のチュートリアルを一通り終えることができたならば
Revel のチュートリアルは楽勝だと思います。
また、Revel のチュートリアルだけを日本語化したよーなサイトはたくさんあるので
そーゆーのを見ながら進めても問題ないと思います。

問題は、Revel のチュートリアルと、自分のやりたいことの溝
どーやって埋めていくかってことだと思います。
#なので、タイトルに「埋立」と入れました。

自分がえぶアプリを作っていく上で「ここは溝だなー」と
思ったところを取り留めなく書いていきたいと思います。

▼ Revel のページと静的 HTML を共存させる。

URL の root 配下が静的 html で、
/rv 配下に Revel の動的ページを配置するイメージです。

ディレクトリ構成は
→ 静的 html 系:/usr/share/nginx/deploy
→ Revel 配下系:/var/golang/src

です。なんか取り留めが無いな...

まずは nginx の config を変更。
location をこんな感じに修正する。

    location /rv {
proxy_pass http://127.0.0.1:9000;
}

location / {
root /usr/share/nginx/deploy;
index index.html index.htm;
}


次に Revel 側の設定も変更します。

conf/route ファイルをこんな感じで修正する。

#GET     /                                       App.Index
GET /rv App.Index

# Ignore favicon requests
GET /favicon.ico 404

# Map static resources from the /app/public folder to the /public path
GET /rv/public/*filepath Static.Serve("public")

# Catch all
#* /:controller/:action :controller.:action
* /rv/:controller/:action :controller.:action


つまり、何がどこに配置されているかは、この設定に書かれているようだ。
ちなみに、この設定は Revel を再起動しないと反映されない。

controllers 配下の go のソースは変更する必要がありませんが
views/App 配下の html は下記のように変更する必要があります。

<form action="/rv/App/Hello" method="GET">
<input type="text" name="myName" /><br/>
<input type="submit" value="Say hello!" />
</form>

【2017/05/04】 golang / Revel | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Revel埋立:CSRF 対策でちょっとハマる | ホーム | Visual Studio 2017 で net-snmp をビルドすると C1189 / C4005 発生>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1361-2c37e7d9
| ホーム |