思い出し旅行記 帰省2017 8/13 白糸の滝に行くの巻
※ すべての旅行中の写真は mixi のアルバムで公開しています。(友人限定)
mixi キーワード:hidenov で検索。友人申請はお気軽にどうぞ。


朝はふつーに起きる。えびちゅと義兄さんがパン屋で大量のパンを買ってきたので
ハンバーガーやらなんやら5個も食べてしまう。
何はともあれまずは義母さんのお墓参り。はにぃに申し付けられたノルマをこなす。
義兄さんが車を貸してくれるとゆーのでドライブに行くことに。
しかし、えびちゅは行きたくないと反抗期全開なので置いていくことに。

だいずだけ連れて、地図も見ないで白糸の滝を目指す。
鳥栖から佐賀方面に向かい、途中で右に曲がればいいだろw
ぐらいのテキトーさで、ナビもスマホも無いのに車を進める。
まずは吉野ヶ里の道の駅へ。吉野ヶ里と銘打たれているが、実際は山の中腹にある。
そしてこの道が佐賀-福岡のショートカットになっていることを知る。
道の駅には地図もあったので、なんとか白糸の滝の場所を把握。
美味しいヨーグルトドリンクを二人で飲む。

トンネルを抜け、福岡県側に出たあたりで左に曲がる。
結構なぐねぐね道が続いたので、だいずが酔うかなと心配だったんだけれど
そこは大丈夫だった。人から借りてる車だし...
早良区の南側で少し迷ってなんとか糸島方向に向かう看板を見つけた。
その道をずっと走っていたら、白糸の滝へ向かう看板もすぐにみつかった。
白糸の滝へ向かう方に曲がると「この先渋滞」の看板が。
一瞬かき氷で有名な店の近くで車が連なっていたが、一瞬だけであったし、
いやいやこんなマイナーな観光地そんな混まないっしょw と多寡を括っていたが
駐車場へ向かう道の入り口には「この先90分待ち」の看板を持つおっちゃんが。
それほどの混みっぷりにちょっとビビる。
結局、90分は待たなかったが1時間近く待たされた。
だいずはなぜかグズらずに大人しく待っていた。
えびちゅが居なくてよかったなと思う一方で、
えびちゅが居れば先に二人で行かせたのになあとも思う。

それでも14時過ぎには白糸の滝に到着。駐車場代に1000円ぐらい取られるかと
思ったが、そんなことはなくて無料。係員も居るのに太っ腹である。
滝自体はそれほど大きなものではないのだが、思ったより人で溢れている。
とりあえずだいずを水着に着替えさせて滝壺へ行ってみる。
入水禁止と書いてあるが、周りの人はバンバン入って写真を撮影している。
だいずも一通り堪能させて次行こうと滝壺を離れたところで
係りのじいちゃんがやってきて、拡声器でやんわりと注意していた。
だいずは、山女魚釣りも流しそうめんも興味ないので川遊び。
川遊びだけなら、鳥栖の四阿屋の方がずっとよかったかなと。
まあ、白糸の滝は女の子が中途半端な装備でスカートをまくりあゴホンゴホン
それと釣り場から逃げた山女魚がちらほら泳いでいるのも楽しい。
だいずはだいずで夢中で水の中を走り回り、水しぶきが大人に掛かって文句を
言われていたが、コドモの水遊び場で何を言ってやがると言った感じだ。

最後に、ソフトクリームとイチゴジュースを飲んで帰る。
ソフトクリームはなかなか美味しいが、
イチゴジュースはイチゴジャムを水に溶かした味。まあ100円じゃこんなもんかw
帰りは迷わず佐賀大和IC近くに出てサクッと帰る。
途中ダムがあったのでダムカード欲しさに寄ってみる。
それと、近くのダムの駅で羊羹を2つ買って帰る。結局滞在中には食べなかったがw
帰り際に鳥栖の近くでガソリンを入れるが、あれだけ走ったのに7ℓしか消費してない。
BB燃費良いなあ...

18時には実家に戻り、親戚一同が集まってちょっとした宴会。
馬刺しも大量に用意してもらったので、馬刺しだけでおなか一杯になるw
義兄さんに「今日は白糸の滝に行きましたよ」と言うと「糸島まで行ったか」と
驚かれる。それと、実は白糸の滝は夏はとても混む場所として有名とも聞かされたw
ちなみにえびちゅは「俺は一人でプールに行く」と豪語していたものの
結局近所を散歩しただけらしいが、少し離れた鳥栖駅まで行って
それはそれで本人は満足だった様子だ。

394089_2263122497_172large.jpg 394089_2263122478_195large.jpg










【2017/08/22】 帰省2017 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<思い出し旅行記 帰省2017 8/14 青島に行くの巻 | ホーム | 思い出し旅行記 帰省2017 8/12 はにぃ抜きで帰省するの巻>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1375-04cad76e
| ホーム |