思い出し旅行記 帰省2017 8/14 青島に行くの巻
※ すべての旅行中の写真は mixi のアルバムで公開しています。(友人限定)
mixi キーワード:hidenov で検索。友人申請はお気軽にどうぞ。


朝は5時起きで義兄さんに頼んで鳥栖駅まで送ってもらう。
だいずはまだ外が暗いので朝じゃないと言ってグズっている。
電車に乗る前に駅前のローソンで飲み物を買う。なぜか店員がインド人。
始発電車で筑後船小屋駅へ。鳥栖駅で忘れていた時刻表も無事取り戻す。
駅員さんがどーゆーわけがエラくフレンドリーだったりした。
筑後船小屋の駅は、在来線と新幹線で駅が別になっていて、乗り換えのために
一度改札の外に出る必要があった。新幹線の駅とは思えない構造だw
筑後船小屋の駅には思ったより人が居た。駅の周りもモダンな建物が多い。
新幹線はJR西のN700系で、車内はもちろんガラガラw
朝飯を食べるのにはまだ早いので、みんなで寝る。あっと言う間に鹿児島中央。

鹿児島中央の構内のお土産屋で早速薩摩隼人を買い小遣い割り当てを使い切るだいず。
そして檀政宗と命名していたw
時間は早いが特急きりしま号のホームへ。上りはハイパーサルーンのパノラマシートが
自由席として割り当てられているので、早く並んで最前列を勝ち取る。
出発してから、実家で貰ってきた朝ごはんのいなり寿司を食べる。
だいずが2つも食べるくらいなので、かなり美味しいと思う。

宮崎に着いてからはちょっと早いけれど昼飯。
駅前に商店街があったはずとちょっと探してみるが見当たらず。
仕方が無いのでエキナカのちょっとお高いお店で昼飯。
だいずは焼き鳥丼、えびちゅはから揚げ定食、ひでのふはチキン南蛮定食を注文。
値段は首都圏価格だったがサービス良好。だいずの食べ残しを食べたらおなか一杯。
昼間っからジントニックが一杯無料とはなかなか太っ腹であるw
店内にハエが1匹飛んでいたのがちょっと気になったが。

394089_2263122463_112large.jpg 394089_2263122445_90large.jpg










日南線で青島へ。単行で車内はちょっと混んでいる。なぜか中国人が多い。
青島で下車してホテルを目指す。駅から青島へ延びる道はなるほど南国リゾートで
建物のくたびれ具合と言い、まるで沖縄を歩いているかのようだw
ホテルはもっとくたびれていると思ったがそこまで酷くはなかった。
ホテルに荷物を置いて青島と鬼の洗濯板を目指す。
えびちゅが「島の裏側から行ってみたい」とゆーので、そっちから島を一周する。
途中でなぜか石が積んであり、えびちゅが蹴っ飛ばして石積みを崩した後
なぜ石が積んであったのかをコドモに説明してみる。
それから青島神社へ。境内の植生が完全に熱帯のそれであり、日本ではないみたい。
観光地だからなのか、おみくじが沢山売られている。
神社には日本酒ではなく樽の焼酎が奉納されているのも南国風だ。
境内の奥では素焼きの皿を投げるアトラクションがあったので、
だいずにやらせてみる。だいずの前に投げた兄貴が見事なスローを見せたので
あれを真似してやってみろと言ってはみたが、やっぱり上手くは行かずw
青島からの帰りがけ、些細なことでだいずがえびちゅにギャン泣きさせられる
別の棒を与えてうまい具合に泣き止ませることに成功した。

ホテルに戻るがチェックインまではちょっと時間があったので一休み。
その間、ホテルの館内の巨人の展示コーナーを見て回る。
なぜか長嶋分多めの展示であったが、清原はまったく展示が無かった。諸行無常。
とりあえずチェックインして部屋に入る。8階からの眺めは素晴らしく良い
兄弟は海で泳ぐのか泳がないのかはっきりしないので、歩いて子供の国に行く。
歩いている途中で、えびちゅが「将来はこんな感じの南の島に住みたい」とゆーので
田舎暮らしの大変さを説明して軽くたしなめる。
そして、子供の国に着く直前でだいずが シッコモラッシャー に!年長さんなのに...
全くのノーモーションだったので成す術も無く...
あと50mも歩けばトイレがあったのに...
仕方が無いので、さきにえびちゅだけ子供の国で遊ばせておき、一旦ホテルに戻る。
えびちゅから電話が入り、1回目は「ここゴルフばっかりでつまんないよ...」
だったのに、2回目は「ここすっごく楽しい!」だったので安心する。
途中で明日の宮崎空港行のバスの時間を確認しておく。

えびちゅと落ち合ってこんどこそ子供の国へ。
長めの滑り台1台とちょこっとアスレチックとツリーハウスがあるだけだが
兄弟はとても楽しそう。小川にはカニまでいる。
年長さんと全力で鬼ごっこが成立する小学五年生もどうかと思うが...
しかしあまり時間がなく、閉園時間となり外に出る。
子供の国の目の前の自販機でジュースを買って飲む。

ホテルに戻り屋上の露天風呂へ。広さの割に人が多くて混んでいる。
やれと言わなくても勝手にちんちんフルパワーを敢行するだいずが
大変漢らしいw そして露天風呂からの景色はとても良い。
ホテルの晩飯は典型的な昭和の旅館飯
地の魚の刺身があるわけでもなく、コドモ用のだいずのチキン南蛮の方が
よっぽど郷土料理を感じる。お酒は生ビールのみ。
寝る前にだいずと二人で地下にある大浴場にも行ってみる。泉質が体質に合ったせいか
四十肩の痛みがかなり良くなった感じがする。ついでにだいずが、
地下のゲーセンにあったアヴァランチエクシアのガンプラに心奪われる。

394089_2263122436_89large.jpg 394089_2263122419_183large.jpg











【2017/08/23】 帰省2017 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<我が家の家計 2017/8 | ホーム | 思い出し旅行記 帰省2017 8/13 白糸の滝に行くの巻>>
コメント
熊本や鹿児島を通り越して
なぜに宮崎。。
【2017/08/24 22:43】 URL | くろっぴ #-[ 編集] | page top↑
> くろっぴ殿
鹿児島と熊本は去年行ったからね。
とはいえ、そっちも大して回ったわけでもないけれど。

大分は正直まだ見逃してるところ沢山ある感じします。
【2017/08/27 14:18】 URL | ひでのふ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1376-86276705
| ホーム |