思い出し旅行記 だいずと中国 10/22 ようやく日本へ
朝は4時半起き。さすがにだいずはなるべく長く寝かせておきたかったので、
寝たまま着替えをさせ、ロビーまでは担いで連れて行く。
チェックアウト時に今一度マイレージが加算されているのか確認したかったが、
英語がきちんと通じず結局加算できているのかどうか全く判らなかった。
自分の英語力のなさを痛感させられる。
だいずは待っている間、ロビーの椅子で寝ていた。

それでも予定通りホテルを出発。空港にはあっとゆーまに到着。
チェックインしてフラジャイルを指定したら、大型受託手荷物カウンターへ持って行けと言われる。
メインのバッグは25kg以上あるはずなのに、特に気にしているような気配はなかった。
ゲートに向かう通路で昨日のおばちゃん達が居たので軽く挨拶する。
ゲートに着いたところで7時半発のはずのヒコーキが9時に時間変更になっていることに気が付く。
なんでここで遅延すんだよ!と思ったが、日本のニュースサイトを見るとまだまだ台風は過ぎ去って
いないようだ。待つ間に例の生搾りオレンジを買ってやろうかと思ったが、
無かったので仕方なく缶ジュースを買う。
ひでのふはネクターを買ったが、コーラと同じ4元だけあって薄い。
ターミナルの端っこはベット状の椅子が空いていたので、そこで寝っ転がりながら時間を待つ。

ゲートは時間通りに閉まったが、実際離陸するまで1時間以上待たされた
だいずはその間トイレ行きたいと言われなかったのは幸いだった。
問題の機内食であるが、子供用が積まれていないのは仕方ないとして
「コドモに辛くない方をくれ」とゆったら「どっちも熱いです」と hot の単語の意味を
違って取られて大変説明に難儀した。
結局、朝食だったので洋風中華風どっちを選んでもだいずが食べられるものだった。
だいずに洋風を与えたが、結局食べたのはジャムを塗ったクロワッサンを半分とヨーグルトだけだった。
桃缶も少し食べた。メインはマッシュポテトとオムレツだったが、
なぜケチャップが付かないのか以外に問題は無かった。
中華はふつーにお粥。はにぃにならこれをだいずに食わせていたであろう。
これに茶卵一つだけではおかずたりないなぁと思っていたら、パンの下にザーサイが埋まっていた。

羽田には14時にようやく到着。
最初荷物のピックアップ場所が判らず難儀したが、ひでのふより先にだいずが見つけた。
やっぱだいずの観察力マジスゲエ
税関ではだいずが金の延べ棒の写真に強く興味を引かれ、職員にこれはなに?と話しかけていた。
横柄に振る舞わずだいずにやさしく接する職員に日本の公務員に、
ようやく日本に帰ってきたのだと実感する。

帰りの京浜急行のダイヤまで乱れていて、エアポート急行が走っておらず、
蒲田からの快速も激混みだったので全部普通で南太田まで帰った。
京急川崎手前の多摩川下流の物凄い濁流に、相当な台風だったことを実感した。

394089_2269564046_87large.jpg 394089_2269564034_53large.jpg










【2017/11/11】 だいずと中国 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<我が家の家計 2017/11 | ホーム | 思い出し旅行記 だいずと中国 10/21 日本に帰れない>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1396-8e711fc1
| ホーム |