桑年のおっさんが転職してみた その2

応募時期    :2014年11月
応募先     :Rapid7
利用エージェント:自力
不採用理由   :英語力不足。


応募動機:
最初の応募から一年近く。何もしていなかった訳でもないんですが
特に行動を起こすことも無く、くさくさとした日々を送っておりました。
現職の方もシステム開発の仕事が来そうで取れないみたいな
辞めるのもちょっと後ろ髪を引かれる状況だったように覚えています。

そこで一つ思いついたのですが
IT関連展示会で、逆に自分を売り込んでみる
とゆーのを試してみようと思ったわけです。
会社には VIP 用の招待状まで来ていたのですが、
ここはまあ一般の招待状を持って会場に赴きます。

で、首尾よく名刺を配りまくり、いくつか目ぼしい会社を覚えておき
実際にコンタクトがあった会社がこの Rapid7 とゆー会社なわけです。
もちろん最初は自社製品の売り込みだったんですが
いえ実は職を探しにきていまして...と正直に申し出たところ
快くウチを受けてみないかとお誘い頂きました。

採用の状況:
まさかこんな簡単に事がトントン拍子に進むとは思ってもみませんでしたが
実際面接も和やかな様子で進み、無事2次面接頑張ってねとなりました。

問題はここから先。2次面接はネイティブと電話で面接です。
ひでのふは一人で海外旅行に出かけて、それなりに楽しんで帰ってこれる程度には
英語は使えるつもりだったのですが、この実に中途半端な英語力が災いし
技術力のアピールはなんとかなったものの
向こうも相当迷ったのか、なんと5回も電話面接を行うハメになりました。

もう電話面接は勘弁してくれよと思ったあたりで不採用通知が来ました。

もしネイティブと問題なく英語でやり取りできる実力があったら
間違いなくこの会社で働いていたと思うだけに非常に残念でした。
なので、不採用の結果を頂いたときも、めげずに面接の時にご一緒頂いた
皆さんに LinkedIn でお友達になってもらいました。

でも、もう電話面接はもうコリゴリです...

ちなみに、翌年も展示会で同じことをやってみたのですが
名刺の配り損で目ぼしい会社からのコンタクトはありませんでした。
# そもそもコンタクト自体がとても少なかった。

【2018/03/01】 転職活動 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今月の密林 2017/3 | ホーム | 我が家の家計 2018/2>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1407-f598c52f
| ホーム |