思い出し旅行記 オリゼーとスタン四連発 9/14 さっそくボッタクられるの巻
※ すべての旅行中の写真は mixi のアルバムで公開しています。(友人限定)
mixi キーワード:hidenov で検索。友人申請はお気軽にどうぞ。


朝は四時過ぎに起きる。昨日は総督から急な仕事が入って結局やらずに帰ったのだが
それでも定時では上がれず些か睡眠時間を失うことになった。
最初はANA福岡行きの6:25発。始発の電車でもなんとか間に合いそう。
朝早すぎたのでコドモは起こさずに出発したが、駅に着いてからはにぃから電話があり
だいずが行ってらっしゃいするので今から駅までくるとのこと。
車で来ただいずと、ちゃんと行ってきますしてから出発。

始発の京急はなかなかの混み具合。新町始発に乗り換えてもまだ座れない。
蒲田の駅でも時間に余裕はないので階段ダッシュはキツい。羽田空港には定時に到着。
色々とトンチキなチケットなので有人カウンターに行くが、
完全に国内線の有人カウンターは無くなっていた。
それでも国際線乗り継ぎ専用と書かれたカウンターで無事手続き完了。
なんとタシケントまでスルー。バゲージの重さは 12Kg。
カウンターのお姉ちゃんからは「アシアナは 23Kg 一つだけですからねぇ」とゆわれる。

時間が無いので2タミの売店で万カツ。早朝だが暖かくなくてがっかり。
割り当てられた席は非常口前。足元は広いが羽の真上。
離陸して落ち着いたところで万カツサンド食べる。飲み物が欲しい。
朝で滑走路も空いているのか志賀の島の方角からさくっと着陸。
万カツサンドだけでは物足りず、ちょい小腹がすいていたのでなんか食うかとも思ったが、
すぐ機内食だろうと思いスルー。バスで国際線ターミナルへ。
出入りの厳重な専用道路通るのが興味深い。
国タミでまずは両替。SBJ銀行でクーポン出したら他よりグッと安いレートが来た。
搭乗ゲート近くの両替屋と比べると150pipsも安かった。
乗り継ぎは3時間弱と外に出るには短い微妙な時間。
洗剤が欲しくて探したがセブンで見つけたのは液体洗剤で、
持ち込めるかどうかビミョーだったのでスルー。
仕方がないので搭乗ゲートで待つかと思ったが、
保安検査は出発2時間切らないと中に入れない仕様で10分ほど足止めを食らう。
2時間5分前に保安検査通ろうとしたら、ツッコミは受けたのでかなり厳密な運用のようだ。

394089_2295175498_76large.jpg 










ネットや充電をしながら時間を待つ。小腹が空いたので横浜では見たことのないアイスを食う。
しばし待っていると場内アナウンスでひでのふを呼ぶ声が。
何かと思ってゲートに向かったら、、アシアナで再度発券するとのこと。
anaで出した切符は捨てられた。
免税店では 1本1万5千のウィスキーの試飲をする。ほんのちょっとだったが、
高いウィスキーはこんなにも複雑な味と香りがあっておいしいものなのかと勉強になる。
ソウル行きは A350。隣の大韓航空の B-747に比べると小さいがエンタメ系は充実。機内は満席。
飛行時間は1時間ちょいなので速攻機内食が配られる。問答無用でチキンのシチュー煮。
なかなか美味しいがパンが欲しくなる。てゆーか主食がなくて物足りない。
それでも隣のカポーのお姉ちゃん半分残していたが。
しかしこんなメニューにもコチュジャンが付くアシアナ恐るべし。
お姉ちゃんが皿に出して付けて食べていたので真似する。思ったより悪くない。

仁川での乗り換えもまた4時間弱とビミョーな時間。
勝手知ったる場所ならギリギリソウルに行けそうだけど、
結局広い空港をグルグルまわり洗剤を探すが存在せず、
とりあえず 3万wだけ卸して、結局無料アトラクションのマグレブに乗り終点まで行ってみる
マグレブはほぼゴーストタウンのような場所を行くので客は少ない。余裕でかぶりつきをゲット。
スピードも遅く、これゆりかもめでよくね?と思ったほど。
終点の駅前は閑古鳥泣く地元系海産物レストラン。一人かつ時間不足なのでスルー。
近くの7-11で洗剤を探すがやっぱり無く、仕方ないのでブドウの粒ジュースだけ買って空港に戻る。

機内食が少なくなんか食おうと思って空港内のレストランでトッポッキ3000wを見つけたので食う。
安定の辛さと旨さ。それから搭乗ゲートへ。
韓国だけあってバカでかいブラウンとチョコのぬいぐるみがw
タシケント行きは A330-500。またもや満席。
エンタメはちょっと古くてコンセント無いのが残念だが、フライト地図が見られれば文句は無い。
機内食はビーフ選択したらプルコギが来た。プルコギとルーローファンは鉄板だと思う。
安いワインも飲めたので文句はない。しかし7時間は長い。2回目の機内食は箱ピザだけだったw
タシケント空港は沖止め。空港は小さく今の石垣空港並みの規模か。
入国審査では日本語であいさつされる。全てのゲートが開いており誰も待たされない。
しかし荷物のピックアップに30分以上待たされた
噂の税関もスルーされ、特に外貨の申告は行わなかった。

しかしホテルの送迎が上手く手配できなかったため、
当日見つけた空港タクシーでぼったくりにあう。
相場がわからん&夜遅いのでしかたなく 20USD で決める。
奥の方の駐車場にはちゃんとしたメータータクシーが止まっていたが時すでに遅しである。
運ちゃんはボッタクった後ろめたさもあるのか、積極的に話しかけてくるが、
ひでのふよりひどい英語なので運ちゃんが反米であるぐらいしか解らなかった。
ホテルには15分で到着。 20USD は絶対に高い。
運ちゃんに写真撮らせてよとゆったら拒否られた。やっぱぼったくりだw
ホテル自体には無事チェックイン。
時間的には少し余裕があるので洗濯して日記書いてから寝る。

394089_2295175461_188large.jpg 394089_2295175453_30large.jpg










【タシケント空港からの移動について】

▼ バスは諦めろ
 ・バスは 11系統、77系統が空港から出発しますが、営業時間は夜9時ぐらいまでです。
 ・なので夜着多めの東アジアからの便で到着する場合、バスは諦めた方がよさそうです。

▼ 両替所と ATM なんぞ無い
 ・一応両替所は空港内にはありますが、ひでのふが到着した時は営業してなかったはず。
 ・ATM も見かけませんでしたとも。

▼ 一番いいのはホテルからの送迎
 ・相場は 10USD だそーです。まあおかしな値段ではない。
 ・ひでのふも本当はそうするつもりだったんだけど、ホテルと連絡が取れなくて失敗。

▼ 手前のボッタクリは振り切れ!
 ・空港から出ると早速ボッタクリタクシー(全員ボッタクリです!)の
 営業攻撃があるが無視してください。
 ・夜間でも人は多いので、暴力的手段に訴えてくるヤツはいないと思います。

▼ 奥に行くと正規タクシーが
 ・ボッタクリの攻撃を振り切ると、奥の駐車場に正規のタクシーが止まっています。
 ・ただまっすく行けばいいだけなのですぐにわかると思います。
 ・料金は交渉が必要ですが、せいぜい 10USD ってところじゃないでしょうか。

【2018/10/01】 スタン四連発 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<思い出し旅行記 オリゼーとスタン四連発 9/15 引きの強さを実感するの巻 | ホーム | 今月の屑株 2018/9>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/1432-70b1c7d1
| ホーム |