太平洋の嵐5 「米ソ決戦」攻略
とりあえずスパロボの新しいのが出るまで太平洋の嵐5やってるわけですが。

毛色の変わったところでショートシナリオの「米ソ決戦」の攻略です。

・最初に

このシナリオ、露助は北海道を赤化完了で、米軍はオリンピック作戦完了してます。
目的は、短期間で露助を排除しつつ本州を占領できるかどうかと言うものです。
ちなみに日本では震電が配備されているのも見ものです。

資源縛りなしでやると、日本近海に散らばる米軍艦隊で本州を蹂躙するなり
高雄やサイパンのB-29/B-36で黄色いサルを焼けば楽勝です。
とりあえず、竈山を露助に獲られなければOKです。

・資源縛りでマゾプレイ

資源縛りなしでやるのはストレス解消になるわけですが
初級上級に関わらず、資源縛りを入れると別のゲームになります。
ほかの縛りを入れても入れなくても、難易度に差はありません。

まず度肝を抜かれるのは、米軍のクセに兵站が滅茶苦茶って言うことです。

父島に戦闘部隊が100匹いる訳ですが、食料が全くないので次ターンから早速飢えます。

ウルシーとかタウンズビルとか米本土とか次々に飢えて行くわけですが
ゲームの攻略には全く関係ないので無視します。

そして沖縄、高雄、八幡等に堂々たる機動部隊が展開しているわけですが
重油がないので一歩も動けません。
ついでに艦載機もガソリンがないので1機も飛ばせません。

何故か各地の高速タンカーには謎の液体が20000キロリットルづつ積載されていますが
根拠地に下ろした途端揮発します。

こいつが重油かガソリンなら楽勝なのに...と思っても仕方がありません。

攻略は続きから...

原子新型爆弾を開発せよ

どこの根拠地でもガソリンが枯渇しているので、
燃費の悪いB-36は、使った瞬間攻略に失敗します。
かといって、A-26では威力が足りませんし、
B-29の100機編隊を飛ばせるのはキャンペーン中でせいぜい2回
しかありません。

しかし、原爆新型爆弾があればB-291機でも根拠地をまっさらにすることができます。
B-291機でもまず撃墜されることはありませんが、
たとえ撃墜されても原爆新型爆弾だけはしっかり落としてくるバグステキ仕様
のお陰で、原爆新型爆弾は大変便利な存在になっています。
所詮ゲームです。
日本人として後ろめたさなぞ捨ててバンバン被(以下不謹慎なため省略)

よって、まず最初にすべき事は技術開発で核兵器に3ポイントを振ることです。

・パレンバンに急行せよ

どこの根拠地でも艦隊が編成できないほど重油がないわけですが、
唯一、長崎にだけ重油が積まれています。とはいえたったの30000キロリットルですが。

とゆーことで、まずそこから高速タンカー2隻で艦隊を組み
パレンバンに積まれているガソリンを積みに行きます。
露助は潜水艦なんて反革命的なものは持たないので、護衛を気にする必要はありません。

パレンバンでガソリンを積んだら、高雄に向かうと良いでしょう。
これでキャンペーン中はB-29が使い放題になります。

艦隊で焼きたい人は、パラオに重油を取りに行くのも一興ですが、
多分呉を落とした方が早いです。

残った重油で高速輸送艦を編成し、本州攻略艦隊として八幡に向かわせます。
核兵器開発終了前に竈山に戦闘部隊を運ぶのもまたよしです。

・ソウルを放棄せよ

このキャンペーンは重要根拠地2箇所を露助に落とされるとゲームオーバーです。

露助は漢口でチャンコロの爆撃機で焼かれ、そこから先には進めないので
南方の重要根拠地は無視しても問題ありません。

しかし、朝鮮半島方面にはガッツリ大軍を送り込んできます。
対する米軍の戦闘部隊はたったの20。何もしないと確実にゲームオーバーになります。

よって、最初のターンではソウルは放棄します。
そのうち露助がソウルを占領したら、そのターンのうちにB-29の100機編隊で焼きます。
また、一応同じ白人である露助には、原爆新型爆弾を使いませんので
B-29編隊で焼きに行く必要があります。ガソリンの残量によく注意して焼きましょう。
B-29への被害は多少ありますが、露助は間違いなく焼却できます。
焼却後、ソウルを占領し、また放棄します。

これじゃあまるでローラー作戦なわけですが、所詮ゲームです。
まあ我々日本人は朝鮮半島が焼け野原になっても
別に後ろめたくもなんともな(以下不謹慎なため省略)

・B-29を分散配備せよ

核兵器開発前に、1フェイズで同時に複数の根拠地を攻撃できるよう
日本近海のB-29のいない根拠地に、B-29を3機づつ配備します。

台北はガソリンと整備部隊がないので、高雄から回しましょう。

逆にA-26は八幡に集中配備します。
A-26はソヴィエト太平洋艦隊殲滅を主任務とし、
あまったら本州の兵員が少ないところを焼きに行くのもよしです。
しかし、A-26でソウルの露助の大軍を焼きに行くと、返り討ちにあいます。

・ソヴィエト太平洋艦隊を迎撃せよ。

ヴラヂボストークを出航した栄光のソヴィエト太平洋艦隊は、呉を目指しています。

正直呉に上陸されるとウザイんで、八幡に見えた時点でA-26で焼きに行きます。
A-26100機以上で輸送艦の大半を焼けば、上陸を断念するようです。

ちなみに思考なのかバグ仕様なのかはわかりませんが、
米軍の輸送艦隊と遭遇しても、攻撃してきません。


上記のように準備を進め、核兵器の開発が終わったら、
本州の各根拠地を原爆新型爆弾で蹂躙した後、
八幡から悠々と上陸部隊を送り込みましょう。

開始早々新潟を落とすよう要請されます。
成功するとVTヒューズの性能が上がりますが、あまり意味はありません。
終戦間際で米軍の参考になるようなVTヒューズを日本が持ってるだなんて
どう考えてもありえないわけですが、
そもそもキャンペーンの前提自体がおかしいのでよしとします。

結構ターン数が少ないので、新潟を獲りに行き、両方から攻め込んだ方が安全です。

【2008/04/28】 ゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<買ってはいけない その2 | ホーム | 我が家の家計 2008/4>>
コメント
あいかわらずの不謹慎ゲームっぷりですねw
【2008/04/29 13:20】 URL | おはる #aIcUnOeo[ 編集] | page top↑
まあ愚民を洗脳して戦争とかってゲームもありますが
こう微妙にリアリティがあると
不謹慎さに磨きがかかっていい感じです。

まあ所詮ゲームなんですから
演出として露助が東京落としたら
エンディングで陛下を(以下大変不謹慎なため省略)
【2008/04/29 17:14】 URL | ひでのふ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/394-35747978
| ホーム |