思い出し旅行記 家族でドライブin三陸 5/2 横浜~志津川
こんな機会はいろんな意味でもうないと思われるので、
GWに車で泊りがけのドライブに出かけることにした。

渋滞がとても怖いので朝5時半前に出発する。準備は前日のうちに済ませておき
後部座席を倒してフルフラットにしてマットレスを敷いておいた。
ついでにはにぃの強い要請により、近所のGSで洗車もしておく。
出発時まだコドモは寝ていたが、出発と同時に起き出してきた。

渋滞の事前予測では東北道は鬼渋滞が予想されていたため常磐道経由を計画。
花之木から首都高に乗り、湾岸線から昔住んでいた潮見の団地を眺めるべく
深川線に進む。箱崎はあまり渋滞していなかったが、堀切で少し捕まる。
その後も三郷までノロノロが続き、さらにその先事故渋滞に巻き込まれる。
なかなか幸先のよいスタートとなった。

それでも事故渋滞を抜けると順調に行程をこなして行く。
北関東自動車道の分岐である友部JCT手前の道路情報は、東北道事故のため通行止
と言う血も涙もない表示を見て、やはり常磐道で正解だったと胸をなで下ろす。
途中大変ダサい無難な名前なので人も少なかろうと言う事で、田野PAで小休止。
コドモは芝生ではしゃぐ。実際人は少なかったが、一つ先の東海PAは
大混雑していたのが見えた。

いわきから東北道に戻るか一般道を進むか選択するに当たり、
東北道は福島辺りで30kmクラスの渋滞になっていたので、常磐富岡まで進み
そこから6号線を進むことにした。
ICを降りてすぐ近くのコンヴィニで小休止。その先安いGSを探して先に進む。
運の良いことに地元民で大盛況のセルフGSを発見して給油。

そこからは多少ノロノロで昼前に道の駅みなみそうまに着いたので大休止。
なんでも無料で馬に乗れるとのことで行ってみる。本当に無料だった。
さすが馬の街である。
お土産売り場にあった太い焼きそばをはにぃが食べたいと言うので
市内の食堂で探すべく先ずは近隣の原ノ町駅へ向かう。
原ノ町の駅員さんに聞いたところ、その太い焼きそばは南相馬では食べることはできず
手前の浪江の町でないと食べられないと聞いて断念。
代わりに駅前の食堂で売っていた駅弁を買って近くの公園で食べることにする。
ひでのふは「アッツアッツほっきめし弁当」を、はにぃは「浜べんとう」を買う。
てゆーか品揃えが少なく選択の余地がなかった。

駅前の地図で近隣の公園を探す。
しかしお目当ての公園ではなく別の東が丘公園に行ってしまう。
東が丘公園はまだ森を切り開いて絶賛造営中の場所で、アクセス道路も舗装されて
いなかったので車は一瞬にして真っ白に。
なんとか車を止め、目の前の長い階段を上りきったところに、丁度良い東屋が整備
されていたので、そこでお弁当を広げて食べることに。

浜べんとうは色々味が楽しめてどれもなかなかうまい。アッツアッツほっきめし弁当も
もちろんうまいのであるが、別に熱々でなくてもうまかったように思う。
ついでに道の駅で買った巨大すあまも頂く。

さらに6号線を北上。亘理IC手前は渋滞していたが高速に乗ってからは快適だった。
仙台港北ICで降りて一般道で松島へ向かう。松島の手前は渋滞していたが短い。
4時に到着し、それほど長く観光するつもりは無かったので時間極の駐車場を探して
いたら、運良く見つけることが出来た。

まずは五大堂に向かう。GWだけあってなかなかの混雑ぶりで
セルフタイマーで写真を撮ろうにも思うように撮れない。
次に瑞巌寺へ。洞窟群の石仏にコドモは「なんでこんなの作ったの?」と興味を示す。
境内は入場料が必要であったのでスルー。雰囲気は堪能できたのでよしとする。
最後に焼きたての笹かまを食べさせてくれる所による。
基本的にえびちゅは練り物は嫌いなわけだが、これは美味しいと言って食べていた。
普通に売っているものと違って歯ざわりがふわふわかつしこしこだ。

松島北ICから三陸道に乗り、本日の宿となる、7年ぶりの下道荘をめざす。
7年前は石巻河南ICまでしか開通していなかったが、そこから先が開通していた。
ナビにも乗っていないような新しさで結局登米ICまで乗ってしまう。
そこからはグネグネの山道を通って志津川へ。

7年ぶりの下道荘は前よりずっと綺麗になっていてびっくり。しかし値段据え置き。
少し遅めに晩飯をセッティングして先ずは風呂に。
ひでのふは男同士えびちゅと二人で入ろうとするが強く拒否られる。
風呂はまずまずの広さの麦飯石温泉。

飯は毛ガニに殻付きウニ(中身は3玉分ぐらい入っている)に釜飯にととても豪華。
今回は試しにえび柿の分の子供膳を頼んでみたのだが、内容は殆ど大人のボリューム
ダウンだったので、あまり子供向けの内容ではないように思えた。
正直えびちゅ向けの幼児膳で十分だったなと後悔。
時間はかかったが毛ガニの棘にチクチク刺されながらほぼ完食。
もうおなか一杯。残念ながらホヤは出なかった。
おばちゃんの話によると韓国人が買い占めてしまうのだとか。

夜はケチって二人分しか用意しなかった布団で家族纏まって寝る。

・下道荘データ
大人一泊二食6800円(税・サ込み)クレジットカード不可
えび姉は布団なし子供膳で4750円
えびちゅは布団なし幼児膳で2650円

風呂トイレ共同。
風呂は石鹸シャンプーシャワー完備。温泉ではない。家族風呂なし。
室内にゆかた有り。テレビ・エアコン無料。部屋に冷蔵庫はない。

ビール中生 500円

チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00

下道荘で検索すると、他のキーワードに「下道荘 食中毒」と出るのはなんて営業妨害?

【2009/05/07】 家族でドライブin三陸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<思い出し旅行記 家族でドライブin三陸 5/3 志津川~宮古 | ホーム | 明日から>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/521-0063b289
| ホーム |