思い出し旅行記 家族でドライブin三陸 5/6 大間~横浜
朝起きて、4時からやっている朝風呂にはにぃは一人で浸かりに行った。
その後コドモも起きてきたので、結局全員で朝風呂を堪能することになった。
朝風呂に入れるのは宿泊者のみとあって、広いお風呂にゆったりと浸かることができた。
朝飯はコドモの分は用意されていないが、大人がおかずを分け与えて食べる。
準備が完了してチェックアウト。カウンターでついついTシャツとトートバッグを
買ってしまう。

まずは昨日行かなかった大間岬に行く。とても寒い
はにぃは出発前に大間の最低気温予想が5℃と言うのにとてもビビッており
寒さ対策をして出発したわけだが、漸くここで寒さ対策の必要性を実感した。
カモメがゆうゆうと我々の目の前を横切り、その意外な大きさに一同驚く。
朝9時前だと言うのに駐車場はそれなりに混雑しており、観光バスも何台か見かけた。
昨日はにぃがお風呂で仲良くなったおばちゃんの話によると、昨日は大混雑だった
と言っていたんだそうだが、たしかに肯ける。
この日は天気もよく、対岸に北海道がはっきり見ることができてよかった。
一通り写真を撮った後、寒いので軽くお土産屋を冷やかして車に戻る。

途中ではにぃが「わんこそばが食べたい」と言うので盛岡に寄ることに。
大間を出てしばらく行ったところで、ずいぶん北海道が近く見えるなあと思ったら
それは尻屋崎だった。
途中で農産物を買うべくむつ市の先にあった農産物直売所に寄る。
そこでははにぃが幻と言って捜し求めていた行者ニンニクが一束100円で
売られていたので、2束買っていた。ついでに地元産のにんにくも。
後から調べてみると、幻と言われる北海道の行者ニンニクと比べると
茎の太さが全然違うのであった。
まずは小休止と言うことで「道の駅おがわら湖」で休憩。
はにぃは安いと言って米まで買い込んでいた。
さすがに名物のしじみを持って帰る気にはちょっとならなかった。
近くの少し高いところを東北本線が走っていて、白鳥や701系の通過をみることが
できて、えびちゅがちょっと反応していた。

帰りもあの第二みちのく道路を通るが
ETC割引して欲しければ次のICで一旦降りろ」と書いてあってびっくり。
降りないで遠いところまで行ってしまう人も居そうなのだが。
八戸道を過ぎ東北道をしばらく走ると岩手山がきれいに見えてきた。
コドモは「富士山?」とか言っている。盛岡ICで降りる。

盛岡の市街地を走り、少し迷ったが交番で案内を聞いて東屋に行く。
建物の雰囲気とかは観光地ぽくってとてもよい。
GWのせいか少し待たされたが、すぐ2Fのわんこそば会場へ。
1Fは人がほとんど居なかったのに、2Fは観光客で満杯であった。
ここのシステムは安いほうと高いほうの二つがあって、高いほうは食べ終わった
おわんを机に重ねて行ってくれるのだが、安いほうはマッチ棒を使って自分で
数えなければならないシステム。ほとんどの観光客は高いほうを選んでいて
高いほうが一品か二品多いらしいのだが、そんなものはわんこそばの邪魔にしか
ならないのは経験上判っているので、ひでのふ一家は安いほうを選択する。
えび柿もわんこそば食べたいとか妄言を吐いたので却下して、えび柿はかけそばを
えびちゅは盛りそばをそれぞれ頼む。

そしてわんこスタート。今日は混雑しているせいか、お姉さんがお盆に積んでくる
10杯強のわんこがなくなると、お姉さんは追加のそばをバックヤードに取りに
行くので、その間1、2分間は休める、とてもヌルいシステムが採用されていた。
にもかかわらず、はにぃは自分がいっぱいいっぱいになるとえびちゅにそばを
食べさせたりして休みを入れたりするのが癪に障る。
ちなみにひでのふはわんこチャレンジ2回目で、1回目の時はおばちゃんが
二人がかりで本当に休みなくそばを盛ってくるのでとても辛かった。
それから、わんこそばは「食べるものではなく、見るもの」との見識を得た。
おもえばひでのふは普通のそばをたべて、はにぃがチャレンジしているのを応援すれば
よかったんだなあと思っても後の祭りである。
結局自分で正確に数える余裕なんてないので、94杯と適当に申告して終了する。
帰りにえび柿に東屋のキューピーを買ってやる。
えび柿に「わんこそば食べなくてよかったろ?」と聞いたら肯定してくれた。
東屋の契約駐車場で寝台を設置し横浜に向かう。

帰りはナビに従い盛岡南ICから乗る。それから安達太良SAまでは休みなく
運転マシーンと化して車を前に進める。
帰りの渋滞ピークが前日だったこともあり、車は多いなと思うものの渋滞に遭遇せずに
安達太良SAまで行くことができた。
安達太良SAは丁度夕飯時と言うこともあり、駐車場はいい感じで埋まっていたが
軽食コーナーやレストランはそれ以上に混雑していた。
しかしGSはあまり混雑していなかったので、スムーズに給油することができた。
昼少し遅めにわんこそばなんぞを食ったお陰で腹はあまり空いていなかったので
とりあえずSAで割高なパンを買ったりしたが、結局食べなかった。

安達太良SAではこの先の混雑状況をみてこのまま東北道を進むか常磐道に抜けるかを
判断する人が多いらしく、道路状況のディスプレイの前には人だかりができたいた。
そして東北道渋滞10kmの表示にみな一様に「10kmかあ」とため息を漏らす。
回り道をするには微妙な混み具合で、判断がつかないなあと言った風情である。
ひでのふは渋滞が緩和されつつあると判断し、東北道を進むことにした。
結局車が完全に停止したのは1回だけで、それほど酷い渋滞には遭遇しなかった。
浦和の出口で料金の表示を見ると1500円。
なんで?乗り継ぎだから1000円は超えないはず?と思ってみたら
何のことは無い、ナビに従って進み盛岡の出るときと入ったときのインターが違うので、
割引が利かないのは当たり前なのであった。がっくり。

結局横浜についたのは23時半。午前様にならなくてよかったと思いつつ風呂に入って
寝る。

【2009/05/11】 家族でドライブin三陸 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<あおぞら家族ベストヒット 2009/4 | ホーム | 思い出し旅行記 家族でドライブin三陸 5/5 八戸~大間>>
コメント
ちゃんと かっぱの湯に
 泊まらないと。。


【2009/05/16 11:23】 URL | くろっぴ #-[ 編集] | page top↑
こんなところがあったんだねぇ>かっぱの湯
【2009/05/17 11:14】 URL | ひでのふ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/525-66964588
| ホーム |