Twitter のロクでもないつかいかた その1
つい先日、ぬんぷ検診が終わったはにぃと、メールでこんなやりとりをしました。

性別、今日は女の子にも見えるし…男の子、100%ではなさそう

「えっ?ちんこもげた?

さおがなかった(汗)

ってな非常に下品能天気なやり取りが行われたのですが
ここでひでのふはとてもロクでもないことを思いついてしまいました。

具体的には、twiiter でこんな内容のつぶやきを流してみました。

遺伝子検査までして男子だと思っていた妊娠8ヶ月のお腹の子供が、
今日のエコー検査で生殖器が見当たらないと言われた。
無脳症の子供も増えていると言うし、より放射能の影響を受けやすい生殖細胞が、
放射能の影響で脱落したか壊死
してしまったのだろうか?
くやしい。本当にくやしい!


うん。我ながらよく書けたデマゴーグだと思いますw

このあとは、先ほどのはにぃとのメールのやりとりをつぶやいたあと

よいこのみんなは放射能云々の件は、デマゴーグ拡散試験であると見抜いているはず。

とまでつぶやいておきました。

まあ、ひでのふ自身 twitter はフォロワー20人程度のプチもいいところですし
まさかこんな判りやすいデマが拡散するわけないよなw
と、多寡をくくっていたのですが...

【デマは拡散する】

実に6人のマヌケが引っかかり名の方が影響をうけてしまっていました。
その6名の方々をフォローしているのは大体9000人ぐらいですので
ひでのふのこのデマは、そのくらいの人間が閲覧したことになります。

いや世の中実際やってみないければ判らないとよく言うけれど
実際やってみてびっくりしたのは久々ですw

ちなみに、デマをリツイートしたユーザーのフォロワーから
それデマって本人言ってるよw
と突っ込みが入り、それ以上は拡散することはなかったのですが
もしデマだよって書いていなかったら、一体どれだけ拡散したのか
非常に興味深い心配だったりします。

で、今回のデマゴーグ拡散実験で得られた考察として

→ ひでのふのデマに言及があったのは24時間以内で、
その後一週間にわたり観察したが、言及は一切増えなかった。
→ このことから
「あるキーワードでつぶやきを抜き出し、
自分の意見に合致するものをひたすらリツイートする」

とゆー使い方をする人がいることが推察できる。
→ 最初の24時間以降増えないのは、キーワードによる抜き出しが
時系列順
になっているためであると推察できる。
→ キーワードでつぶやきを抜き出しているため、
そのつぶやきの前後のつぶやきを見逃しやすい。
→ デマに言及していたのは、つぶやきを質より量で勝負している人と、
自分の考えと合致するつぶやきを無条件で信じてしまう人の二通りがあるようだ。

とゆーわけで、ひでのふはデマゴーグ拡散実験を継続することにしました。


※ 2015/12/18 追記
どうもこの見事引っかかった6人のうちの一人が
オメデタイことに次の参議院選挙に立候補されるそうです。

さすがに本人はツイートを消してしまっていましたが
止めに入った人の良い感じのスクリーンショットが取れたので公開します。

demagogue_spread.png





で、こちらが元ネタのリンク

まあ、全世界に公開されているものなので
モザイク無しが見たければ、 Twitter の検索で
「デマ拡散実験」「遺伝子検査」
とやればすぐ出てくると思いますよw

【2011/08/28】 Twitter | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Twitter のロクでもないつかいかた その2 | ホーム | 我が家の家計 2011/8>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/788-374d5139
| ホーム |