原発推進工作員の顛末
※このエントリは、すべて Internet によって世界中に公開されている
内容を元に書かれています。


あの騒ぎから1週間以上経過し、もう落ち着いてきました。
あのような経験はしたくてもできるものではないので
テストケースの一つとして考察をまとめてみました。

【どのくらいの反響があったのか】

アクセス解析は反逆ですので行っていませんし、カウンタも取っていないので
正確なアクセス状況は不明です。ただ、炎上の翌日 minakoe.jp で解析してみたら

実にデイリーで217位

ランキングの近辺には、ひでのふもよく見る 2ch まとめブログが散見されます。

そして、RT した人たちのフォロワー数などから勘案するに

少なくとも1万人以上、おそらく2万~3万の人が見た

んじゃあないかなと妄想しております。

【思い立った発端】

元々はお友達である @TakaoMorimoto 氏の mixi でつぶやきで
氏の反原発的なつぶやきをいちいち論破していたところ
氏のシンパが

「この工作員め!」

みたいな捨て台詞を残していったのがヒントになりました。

最終的には、ひでのふがつぶやきに「見てますよ」と書くだけで
だーれも賛同を表明しなくなってしまったため、
最終的にはアクセス制限を掛けられてしまいましたw

【まずは発火】

最初に発火させたのは @jhatajinan 氏です。

氏は twitter での言論活動には力を入れていらっしゃるご様子で
follower 数は 1000 を超え、follow/follower 比も1:2です。
これはなかなかできるものではありません

氏は反原発寄りとゆーか、陰謀論系のツイートがお好みのようですが
まあ先ほどの @TakaoMorimoto 氏に比べればぶっちゃけ小物ですw

@jhatajinan 氏も最初に見たときはちゃんと
これエイプリールフールネタじゃないかと疑ってかかっています。
まあ残念ながら暫く見抜けなかったのも、炎上の一因になったと思いますが。


ちなみに、ひでのふは、当日エイプリールフールのエントリをリリースしたのと連動し

blogうp「原発推進工作員の告白」

とゆー tweet を行いましたが、このときは全然炎上しませんでした。

しかし、@jhatajinan 氏は

Техно пролетариарт 原発推進工作員の告白 http://t.co/rmwLgd3v

の tweet に引き続き、5回連続エントリを転記した tweet を行ったこちらは
見事に炎上しました。


ひでのふは、このことから発火させられるユーザの資質として
下記の特徴を持つ follower を数多く揃えることだと考えました。

・RTよりオリジナルの tweet がずっと少ない低質な follower。
・リアルの知り合いでは無いが、自分と同じ考えをもつfollower。
→ 考えは偏っていればいるほど炎上しやすくなる。

炎上するのに必要な follower 数は 1000 人も要らない気がします。
1次の RT を行ったユーザ数はおそらくこの半数でも炎上したと思うので(根拠無し)
炎上するのに必要な follower 数は 500 人程度と見積もります。

【炎上へ】

@jhatajinan 氏の tweet からたったの30分後から、怒涛の勢いで拡散していきます。
その様子は togetter でトゥギャられています。

拡散するときになると、最初 @jhatajinan 氏が抱いていた
疑問点がすっ飛ばされるかたち RT されることになります。

実に最初の2時間で 50 人以上の人が RT しています。
そして、この時点では誰一人としてエープリールフールだとは気がついていません。

こうなると拡散に勢いが付きます。

興味深いのは、@jhatajinan 氏の最初の tweet ではなく、blog の内容を tweet
したものが多く RT されている点です。
RT した人は全員ひでのふを dis っているわけですが、ポイントは以下の3点でした。

・クアラルンプールに逃げたこと。
・反原発派を中傷していたこと。
・工作員だけ放射能対策法を知らされていること。


【そろそろ気が付き始める人達】

さすがにこれだけの勢いで炎上し始めると、反原発派をヲチしている
反原発派の懐疑している人たちや、反原発派でも冷静な人達もこの blog を
知ることになります。

おそらく最初に気がついたのは @gmax_jp 氏。
ひでのふと同じエンジニアのようですが、反原発派寄りと思われます。
他にも同時多発的に気がついた人が多くなり、最初の tweet からおよそ4時間後には
これはエイプリールフールのネタであるとの意見が大半を占めるようになります。

【教祖様登場】

しかし人間の持つ「確証バイアス」ってのはそんな甘いもんじゃござんせんw
特に反原発派の中でも痛い人たちはこの「確証バイアス」の罠に嵌っています。

※確証バイアス wikipedia 日本語版より

個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという現象である。

例: グループに一人だけ女性がいた場合(他は全員男性)、その女性が様々な行動を示していたにもかかわらず、女性への固定観念に合致する行動が特に認識されやすく「やはり女性は○○である」という結論に導かれる。

で、痛い人たちにとってこの「確証バイアス」を補強してくれる「教祖様」みたいな
存在があります。別垢の @eugogamed では、何人かの「教祖様」を
ヲチしているのですが、その中の一人 @onodekita 先生が RT しました。

@onodekita 先生 follower は 25000人弱、そして follow/follower 比が実に 1:500 !
特に follow/follower 比はそんじょそこらの有名人でもなかなか無い値です。

@onodekita 先生が RT 後からアクセス数がグッと増え始めた感覚があります。
反原発派をヲチしている @eugogamed で自分のネタを発見したときは
いろんな意味で「終わった...」と思ったのが正直な感想です。

そして、実際は大半の人がエイプリールフールと気がつき始めたにも関わらず
反原発派の痛い人達は RT を繰り返しました。

その様子がトゥギャられています。

【そして自然鎮火へ】

実はこのネタがトゥギャられて、すぐにひでのふはトゥギャられた事に
気がつくわけですが、最初は怖くて見れませんでした。

で、家に帰ってから勇気を振り絞って見てみると...

コメントでエイプリールフールのネタだと気がついていない人は一人もいない有様。
ひでのふも一安心しましたw

お陰でひでのふが家に帰った頃には明らかに twitter 上での言及量に陰りが
見えはじめていましたが、反原発派の中の人でも特に痛い人に
あのエントリを工作員実在の証拠されるのは非常にシャクだったので
該当のエントリには下記の一文を付け加えました。

よいこのみんなは、これはエイプリールフール用のネタだって気がついてるはず。

ちなみにこの一文を加えた後でも、暫く低質なユーザによる RT が続き
RT が完全に無くなったのは2日後のことでした。
ここで非常に興味深い現象が観察できました。それは

炎上が自然鎮火したこと。

です。

で、炎上ともなると twitter のアカウントや blog のコメントに突撃してくる人が
いるわけですが、実際 blog に突撃してきたのが3人、twitter のアカウントに
突撃してきたのは、たったの一人でした。

この中で管理者コメントを頂いた人とメールのやり取りもしました。
(反原発派の人だったのですが、冷静な対応をして下さった方だったので)

【いくつか見えたもの】

・オリジナルの tweet より RT の方がずっと多い低質なユーザが居る。
・ユーザの質と影響度に相関は見られない。
・低質なユーザは、自分が RT する内容の信憑性を保つ努力はしていない。
・低質なユーザが RT する基準は、内容が正しいかどうかではなく、
センセーショナルであるかどうか。
・さらに自分の「確証バイアス」を補強する内容であれば、
より RT してもらいやすくなる。
・元の tweet 内容は、RT される度に確証バイアスが補強される方向に変化する。
・自分の意見を世間に広めたければ、多数の低質なユーザに follow してもらうこと。
・低質なユーザによって炎上したものであったのならば、自然鎮火を待つべきである。

【2012/05/11】 Twitter | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<あおぞら家族ベストヒット 2012/4 | ホーム | ANAのマイレージを考えてみた>>
コメント
あれだけ、あのネタでブログでコメントしている人もこの記事に対して自分が初コメントとは。あれから誰も見ていないということですよね。

ネタだってわかった途端、もう見向きもされないとは。この分析の記事面白かったです。
【2012/05/12 16:02】 URL | しのっち #PvMf3mBM[ 編集] | page top↑
> あれから誰も見ていないということですよね。
そのとーりw

大多数の人はセンセーショナルなゴシップが大好きで
センセーショナルなゴシップを量産しないひでのふのblogは
大多数の人に注目され続けることはないとゆーことです。

【2012/05/12 17:36】 URL | ひでのふ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hidenov.blog4.fc2.com/tb.php/853-087a9594
| ホーム |